2018.05.07

女子の「理由はないけど別れたい」は彼にとってトラウマになる

若い頃って、つい突飛な行動に出ちゃうこともあるから、あとになって「なぜわたしはあんな男と付き合ってしまったのだろう」と思うことってあると思います。あんな男子の、いったい何がよくて彼と付き合ったのだろう、みたいな。

■そういう恋はそういう恋でべつにいいんですよ

そういう恋はそういう恋でべつにいいんですよね。若い頃ってなにかといえば、つまるところ自分で自分のことがよくわかっていないということだから。
なのでどうしても過去を振り返れば意外な人と意外な恋をしちゃってた、というので、普通です。

若い男子も女子とまったく同じで、自分のことが自分でよくわかっていません。だから振り返れば、すごく意外な恋に泣いたり笑ったり、ということがあります。
自分のルックスからすれば「すげぇ」としか言いようのない超が2つも3つもつく美女がハダカになってくれたとか、反対に、超がいくつもつく淋しそうな女子にハマってしまって、あの頃のおれは一体全体どうしていたのだろうとか、そういう思いをいくつか抱えています。

■というか、今なっているはずです

でですね、男子が過去を振り返ったとき、超美人があんな姿もこんな姿も見せてくれた!という狂気乱舞よりも、なぜ別れようと言われたのか、ということがすごく気になることがあるんですね。
あんなに気が合っていて会話も合っていた彼女が、なぜあのとき別れようと言い出したのだろう……今でもわからないな、みたいなことを思うわけです。
もちろんあのとき彼に別れようと言ったあなたも、おそらく何割かは気まぐれ or勘でそう言ったと思うんです。自分で自分のことが分からない人の最大の特徴は気まぐれさだから、なんの悪気もなく、ただ単に気まぐれが手伝って別れようと言ったと思うんです。それが、あとあと彼にとってトラウマになります。というか、あなたの元カレは今なっているはずです。

■海にぽっと捨てられた感覚

彼女から別れをきり出され、放り出された男子って、どうなるか知ってますか?パニックになります。どれくらいパニックになるかといえば、もうトラウマになるレベルでパニックになります。
これは、不倫しているおっちゃんも、純愛しているピュアな若い男子も同じなんですよね。もう男と名の付く生き物は、彼女から別れをきり出されたら、すげぇレベルでパニクる。こういうのって、経験者も初心者もみな同じなんです。黒くてどこまで広くてどこまで深いのかわからない海にぽっと捨てられた感覚。

だからせめて、別れるときは、それが気まぐれであっても、なにか理由を言ってあげてほしいのです。「あなたのお金がないところがもう我慢できない」とか。そしたら後年、彼はすごく頑張って金持ちを目指します。あるいは「会うたびにエッチばかり求めてこられるのがイヤだった」とか。そしたら彼は、3回に1回くらいしか手を出さない紳士(?)に生まれ変わろうと努力します。

■ホッとしています

別れをきり出すとき、あなたが理由を言わないものだから男はパニックになって、それがトラウマになって、元カノのにおいを忘れることができず、元カノと似たような女子を探しさまよい歩き、歳をとったときにキャバ嬢に入れ込んだりするのです。
まぁべつに誰がキャバ嬢に入れ込んで財布の中が空になろうと、あなたの知ったこっちゃないかもしれませんが、でも別れの理由は言ってあげてください。それが最後のやさしさです。

でも女子って、「なぜか」別れたいんだよね。「なぜか」に理由はなくて、なぜかはなぜかなんだよね。
と思えば、それなりに女子の気まぐれさをしれっとスルーできるほどに歳をとり、比較的安全地帯からこういうことを書けることに幸せを感じます。理由も告げられないまま別れられた日のことを、昨日のことのように覚えてはいますが、それは昨日のことのよう、であって、昨日ではないのでホッとしています。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事