2018.05.09

彼のはじめてゲット!?行ってみたら意外と楽しかったデートとは

世間からは「それは彼氏とじゃなくて、友達と行った方が楽しめるんじゃないの?」なんてスポットもありますよね。

でもそれこそ感覚は人それぞれ。もしかしたら「マンネリ化したデートよりも、こっちのほうが新鮮味があって楽しい!」と思ってもらえることもあるかもしれません。
そこで今回は「行ってみたら意外と楽しかったデート」について、男性陣にリサーチしてみました。

1.ライブデート

「彼女が某男性アイドルグループのファンで、俺も興味本位で一緒にライブに行くことにした。そしたら単純にカッコいいしMCも面白いしで、いまでは俺のほうがハマっちゃいました」(25歳/営業)

特に男性アイドルのライブは、「彼に負担をかけちゃうかな……」と思ってしまいますよね。
でもライブって衣装や照明などの演出にもこだわっているため、誰でも楽しめることが多いもの。
そのため意外とカップルでも盛り上がれることがあるようです。むしろ、彼女と一緒じゃないといきにくいからこそ、良いデートになるかも。

さすがに彼氏とアイドルを見に行くことに抵抗がある…という場合は、自分の好きなバンドや歌手のライブに誘ってみると良さそう。きっと自分を知ってもらうきっかけにもなるはずですよ。

2.ショッピングデート

「ショッピングモールだと彼女とのんびり買い物できるし、自分たちの好きな店を選んでご飯が食べられるから意外と楽しいことに気が付いた」(27歳/通信)

「カップルで行くと気を使いがち」と言われるショッピングデート。でも考え方を変えれば豊富なお店の中からお互いの洋服を選んだり、おそろいのものを購入するチャンスです。また疲れたら気軽にカフェ休憩を挟めるのも嬉しいポイント。

もし「彼と洋服を選ぶのはハードルが高い」というのであれば、家電や生活グッズなどを見るのも楽しいかもしれませんね。

3.インスタ映えデート

「SNSに疎くてインスタ映えとか興味がなかったんだけれど、この前彼女とオシャレなカフェに行ったら想像以上にかわいくてビックリ!俺まで記念に何枚も写真を撮っちゃいました(笑)」(21歳/大学生)

これぞ「女子と一緒に行くもの」というイメージがありますが、基本インスタ映えって流行を抑えつつ、周りの目を惹く派手なものが多いですよね。そのため彼と一緒に行っても「これすごいね!」「こんなのはじめて見た!」と盛り上がれる可能性が。

「彼は絶対に興味がないはず」と決めつけずに、まずは自分の行きたい場所を提案してみましょう。

4.地元デート

「お互い都内で一人暮らしをしているんだけれど、この前ふたりで電車で1時間くらいの彼女の地元に行ってみた。たしかに都内に比べたら遊べるところは少ないけれど、彼女の育ったところって思うと感慨深かったな」(24歳/IT)

「うちの地元何もないから……」と、地元を否定する人もいるでしょう。
でも好きな人の生まれ育ったところだからこそ、きっと思うこともあるはず。これから夏になると地元でお祭りや花火大会などを開催するところもあるでしょう。いまから彼を誘っておいても良いかもしれませんね。

おわりに

意外性のあるデートのほうが元カノなどと比べられなくて済むのも、女性としては嬉しいかもしれません。
たまには思い切って、デートっぽくないところへふたりで足を運んでみるのもアリかもしれませんね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事