2018.05.10

彼と休みが合わない…。すれ違いを避けるために心がけたいこと

大好きな人がいるけど、付き合ってもすれ違いだし…と恋を諦めている人。
付き合いは順調だけど、忙しくて休みが合わなくて、このままじゃ不安…と彼との時間を共有しづらくて悩んでいる人。
すれ違いを乗り越えるためのポイントを抑えて、会えない時間を上手に埋めて行きたいですね。

あいさつを大切に

「おはよう」「お疲れ様」など、毎日のあいさつやねぎらいの言葉はかかさずにLINEやメールで送りましょう。
些細なことですが、そのマメなやり取りが「いつもそばで見守っているよ」というメッセージとして伝わるはずです。

朝晩送り続けるのが面倒な人、しつこいと思われたくないな、という人は、一日一回でもいいと思います。

あいさつは会っていれば必ず交わす日々の習慣ですよね。
会えないときも遠慮せず、その“当たり前”の習慣を崩さないことで、心が寄り添いあっている感覚を継続できるはずです。

心配事はその場で解決する

顔を見て話ができないと、どうしても不安な気持ちが生まれてしまいます。
彼からの連絡がストップすればあらぬ想像をしてしまったり、心は乱れてしまいがち。
「こんなこと聞いたら迷惑だろうな…」と、小さな不安を隠してしまうことが多いと思いますが、溜め込めば後にそれがケンカの原因になってしまうかも。

不満は溜め込まず、素直に彼に伝えましょう。
不安が重症化する前に投げかけることができれば、お互い不快な気持ちも軽減できますよね。
「しばらく会えてないから不安になっちゃったみたい。」なんて素直に伝えられれば、彼もきっと「かわいいな」と思えるくらい、軽いやり取りで済むことも多いはずです。

30分でも時間をうまく作る

なかなかタイミングが合わないカップルさん。
確かにがっつりデートの時間を作るのは難しいですよね。
そういうときは、うまく時間を合わせて30分デートを楽しんでみて。
お互いの仕事の合間や、ランチタイム、学校や仕事終わりのちょっとした空き時間を利用して、少しお茶をするくらいの時間でも十分です。
顔を見て話をする、相手の笑顔を見られるだけでも、安心感は得られるはず。
彼がどうしても忙しくて30分さえ難しければ、彼の職場や自宅に差し入れを届けるなどでもいいと思います。

「図々しいかな?」と気が引けてしまうかもしれませんが、すれ違いカップルさんには図々しさは必要不可欠!
デートの時間が作れなくてイライラするよりは、少しの時間でもうまく活用して、ストレスを溜め込まない、楽しい付き合いの流れを作って行くことが大切ですね。

電話を活用する

今はLINEがコミュニケーションツールとして主流になっていますよね。
もちろんマメなやり取りをするには便利ですし、これを活用しない手はありません。
ですが、「既読がつかない」「未読スルーだ」など、身軽に連絡が取れるツールだからこそ、小さなことでも相手の行動が気になってしまい、イライラや不安の原因になっているのも事実です。

もし彼がマメな返信をする人でなかったりすれば、返信を待つということもかなりストレスになってしまいますよね。
男性はちまちまとメッセージを返すのが苦手な人も多いようです。
デートの予定や、相手の気持ちをきちんと確認したい時は、潔く電話に切り替えてしまった方がストレスは軽減できそう。
ぱっと電話をして、要件を確認してしまえば、無駄にイライラする時間も減りますし、相手の反応も声からわかりやすく読み取りやすくなるので、安心感も得ることができそうです。

おわりに

すれ違いカップルさんは、遠慮せずに相手に踏み込む力が必要になるようです。
相手の様子が見えにくいからこそ、遠慮するのではなく、前向きに情報交換をしていくことで、心の繋がりを継続することができるでしょう。

(あやか/ライター)

関連記事