2018.05.12

女探偵が伝授!社内恋愛がバレないようにするコツ

職場という環境では、一緒にいる時間が長いぶん、お互いの人柄もわかることから、恋愛に発展しがち。しかし、他の人も同じく会社で過ごす時間が多いわけですから、バレる確率が高いんですよね。社内恋愛が禁止されていたり、そういうわけでなくとも、業務がやりづらいから隠しておきたい、という人も多いはず。浮気や恋愛を見抜くプロ目線で、社内恋愛がバレないようにするためのコツを解説します。

社内恋愛がバレるのはなぜ?

隠していてもバレやすい社内恋愛ですが、バレるかどうかは当人同士の行動次第。とくにバレやすいのはつきあい始めで舞い上がっているとき。周囲が気づくきっかけになるのは「目線」です。

仕事中につい彼を目で追ってしまう、目があったときに表情に出てしまうなどの振る舞いがあると「あの二人怪しいかも」と思われてしまいます。

他にも、周囲が気付きやすいきっかけとしては「帰る時間がいつも同じ」「会社の近くで待ち合わせをしていて見られる」「LINEのやりとりの名前が同僚に見られて個人的にやり取りしているのがバレて怪しまれた」「同じ日に有給休暇を取っていた」「社内のチャットツールでプライベートなやり取りをしてバレた」などがありますが、やっぱり人が直感で怪しいと主うのは「態度」です。

とくに、肉体関係がある男女が一緒にいるときの無意識の距離感とただの同僚の距離感は違うので、普通に話しているだけでも「あの二人妙に距離が近くない?」などと鋭い女性に気付かれるきっかけになることも。

逆に、仲がいいときだけではなく喧嘩した翌日に出勤して険悪な空気が漂っているのもバレるきっかけになりやすいです。

浮気でも何でもそうなのですが、バレない人というのはこの「空気感」を消すのが上手い「切り替え上手」な人なのです。会社の敷地内に入ったら彼の存在は忘れる、というくらいに気持ちを切り替えることができる人はまずバレません。
あとは、誰にも話さないことも大事です。どんなに仲がいい同僚でも、誰か1人に話したら確実にバレると思ったほうがいいでしょう。

バレても応援されるカップルを目指すのも手

社内恋愛が禁止の会社は減っていると思いますが、禁止である理由はやはり「仕事に身が入らなくなる」「別れた後にトラブルで職場の雰囲気が悪くなる」「2人で同時に仕事をサボる」「特別扱いしてしまう」など仕事に悪い影響が出る可能性があるからです。

遅刻しない、えこひいきしないなど、仕事中に彼とのやり取りに夢中になってサボらないなど当たり前のことをちゃんとやって周囲に迷惑をかけない意識を持っていればバレてもそれほど問題はないはず。むしろバレてしまったのなら、この方向で努力したほうが良いでしょう。結婚にも近づきます。

周囲から応援されない社内恋愛カップルというのは、周りが見えなくなって当たり前のことができなくなって、迷惑をかけているからなんですね。そうではなく、より仕事を頑張るようになるなど前向きな姿勢だけ見せて恋愛の悪い影響を見せないようにすれば、周囲からも応援されるカップルになれるでしょう。

おわりに

社内恋愛は決して悪いことではありません。でも、交際を知られてしまうとちゃんと仕事をしていても「浮かれている」という目で見られてしまう場合もあります。だから、普段よりさらに仕事に打ち込んで仕事中は彼のことを考えないようにするくらいのほうがバレないものですよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事