2018.05.15

女だって待つだけじゃイヤ!男の「狩猟本能」をくすぐる上手な追いかけ方

「女は追われる恋愛のほうが上手くいく」なんて言うけれど、それって本当なんでしょうか?恋愛に受け身な草食系男子もますます増えてきているし、アプローチを待っているだけじゃ恋なんてできないと感じている人も多いと思います。

かといって、好きになった男子を追いかけてもなかなか上手くいかないんですよね。追いかけちゃだめなのはなんとなく分かるけど、女子にだって選択肢がほしい!そう思うのは無理もないこと。今回は、ちょっぴり肉食系の片思い女子のみなさんへ、男性に逃げられることなく上手に追いかけるコツを伝授したいと思います。

◇いい感じだったのに… 追いかける恋がうまくいかないのはどうして?

こんな経験はありませんか?好きな人とLINEをしていて、はじめはいい感じの雰囲気でやりとりができていたのに、だんだん彼の返事がそっけなくなって、挙句の果てには未読スルーのまま途切れてしまった…。

悲しいけれど、これは追いかける女子のうまくいかない恋愛にありがちな典型パターンです。

はじめはいい感じだったからこそ「冷めちゃったのかな、気に障ること言ったかな」と悩んでしまうんですよね。でも、こういうときって女子に問題があることはほとんどないんです。好きな人を追いかけるとうまくいかないのは、多くの場合、男性の「狙った女性を追いかけて自分のものにしたい」という狩猟本能を理解できていないから。

はじめは自分をちやほやしてくれる女子に興味を持ってまめにやりとりをしていた男子も、相手から頻繁に連絡がきたりデートに誘われたりすると「あ、もうこの子は自分に気があるな」と確信を持ちます。そして、もう追いかけなくても「自分のものになった」と安心をして、いつものペースに戻ってしまうのです。ちょっといいかもと思っていても、安く簡単に手に入ったものに愛着が湧きにくいのは女性にも分かりますよね。ましてあなたの片思いなら、相手の男性にとっては「自分のファンがひとり増えた」くらいの感覚でしかないのです。

◇男の「狩猟本能」を消さずに追いかけるコツ

とはいえ、好きになってしまったのなら男性からのアプローチを待っているだけでは何も始まりません。女子にだって彼氏になる人を選ぶ権利はあるんです。そもそも、好きな人を追いかけること自体はなんにも悪いことではありません。ただ、その「追いかけ方」に少しコツがいるというだけ。

そのコツとは、男子の「狩猟本能」を消さずに追いかける、というもの。つまり、「バレないように追いかけて、自分に興味を持ってもらい、最後は男子のほうに追いかけさせる」のです。

こう聞くと難しいテクニックのように感じますが、実はたったひとつのことさえ守っていれば、あとは積極的に追いかけても大丈夫。守ってほしいのは、「あなたの『好き』という気持ちを彼に確信させない」ということです。

追いかけたい本能を持った男子にとって、なんとも思っていない女子からの分かりやすい好きアピールは、「追いかける必要なし」にまでその女子の価値を下げてしまうのです。だから、女子が好きな人を追いかけるときは、自分の好意を伝えるのではなく、彼の気を引くアプローチを意識してみてください。たとえば、気になる男子に積極的に話しかけるけれど恋愛的な雰囲気にはしないとか、彼からのLINEを待たずに自分から送ってもいいけれど絵文字を控えてあっさりした文章にする、というふうに。

そうすると彼はきっと「あれ?」と不意を突かれるはずです。あの子は自分に気があるみたいだけど、勘違いかもしれない…。好きな人にそう思ってもらえたら、あとは追いかけてくるのを待つだけでいいかもしれません。彼の頭のなかはいつの間にかあなたのことでいっぱいになっているでしょう。そうなったときにはじめて、「女子が追いかける恋愛」にも追い風が吹いてくるのです。男子の「追いかけたい欲」を上手に刺激しながら、好きな人との恋を成功させてくださいね。(矢野ふみ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事