2018.05.19

彼の「全部」を知りたがるから、あなたの恋はうまくいかない

「彼のことをもっと知りたい」そう思うのは、彼を好きな証拠。
だけど、彼の全てを知らないと気が済まないとしたら、それは愛情ではなく「束縛」です。

■彼の愛情に不安を感じるのは、あなたが彼を信用していないから

LINE の返事がなかなか来ない。
会っていない時、何をしているのか気になってしまう。

「もしかして彼は浮気しているんじゃないか」
あなたが不安に思うのは、あなたの勝手な感情です。会わない時間のすべてを知らせない、彼の責任ではありません。

そして、彼の全てを知ったところで、その不安がなくなることもないでしょう。
そもそも不安になるのは、あなたが彼を信用していないから。

あなたに彼の知らない部分があるように、彼にもあなたの知らない部分はたくさんあります。
知らないことを知っていく過程はとても楽しいもの。だけど全てをさらけ出してしまったら、もうあなたを知りたいという興味は薄れ、すぐに飽きてしまうでしょう。

言わないこと、知らないことがあるからといって、相手が重大な秘密を抱えているとは限りません。仮にそんな秘密を抱えているとしても、それをあなたに話すかどうかは彼が決めること。

あなたと会っていない間、彼には彼の時間があります。
あなたにも、彼と会っていない間、別の時間が流れています。

どれほど親しくなろうと、どれだけの時間を一緒に過ごそうと、ふたりが別の人間である以上、全てを分かり合える境地に到達することはありません。
まずは、その前提を心に留めておきましょう。

■全面的に信頼してくれる人を、人は簡単には裏切れない

仮に、彼があなたと会っていない時間、他の女の子とデートしていたとします。
だけどそれは彼が決めて行動したこと。たとえ事前に阻止できたとしても、あなたへの愛情が増えるわけではありません。
むしろ彼はあなたに「信頼されていない」と感じているからこそ、裏切りともいえる行動ができてしまうともいえます。

大好きな彼とずっと仲良しでいたいならば、あなたが身につけるべきスキルは「信頼」です。
会っていない時間の彼を、あなたの知らない彼のことをむやみに疑ったりせず、彼という個人を尊重する──それは大きくて優しい愛情です。

人間は、相手から全面に信頼されるとなかなか裏切れないもの。
それは「良心」という感情があるからです。
(根っからの悪人であれば、違うかもしれませんが)

あなたの大好きな彼は、悪人ではないですよね?
ならば、もっと信じてみましょうよ。

信頼と愛情は同義です。もし彼のことが信じられないというのであれば、あなたはそれほど彼のことが好きじゃないのかもしれません。

彼の愛情を信じることも大事ですが、もっと大事なのは、彼を好きな自分を信じること。
「自分を信じる」とは、たとえ不安が芽生えても自分の中で消化し、自分が選んだ人を心から信じるよう努力すること。信頼にはエネルギーが要るのです。

そうやって互いに信頼という愛情を育み、会う時間も会わない時間も相手への愛情が大きくなった先に「この先もふたりで一緒に生きていこう」という未来が生まれるのです。 (島田佳奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事