2012.04.13

万が一の為に!iPhoneの連絡先をPCにバックアップしておく方法

iPhoneに入っている連絡先のデータ、バックアップしていますか?バックアップしていないと、iPhoneの盗難や紛失にあった時、全部のデータをなくしてしまうので大変!iTunesでバックアップ、iCloudと同期することで最悪の状態を防ぐことができます。でもiTunesiCloudではiPhoneの電話帳の個々のデータをパソコン上に保存・アクセスすることができません。そこで、パソコン上にiPhoneの電話帳をバックアップして安全な場所に保存しておく方法をご紹介します。この方法なら、GmailOutlookYahooメールなどにデータを移すこともできますよ。



ちなみに前回に比べて、ソフトのボタンがカラフルになっていて見やすくなりました。

iPhoneの連絡先バックアップソフト - ダウンロードして起動

CopyTrans Contactsをダウンロードします。

このソフトは、

 

iPhoneの電話帳をパソコンにエクスポート

・パソコン上にあるアドレスデータ(vCard)をiPhoneにインポート

iPhoneの連絡先を編集・グループ分け, etc….

 

などを行うことができます。今回は「iPhoneの連絡先をエクスポート」機能をつかって電話帳をバックアップします。

 

ダウンロードしたファイルからexeファイルをデスクトップに取り出して起動します。ソフトを起動したらiPhoneをパソコンに接続してください。iPhoneにある連絡先がソフトに表示されます。

連絡先のバックアップ方法

左側の連絡先リストから、バックアップしたいものを選択して、「連絡先をエクスポート」ボタンを押します。


エクスポートの形式を選択

連絡先の保存場所を選ぶと、連絡先の保存形式を選択します。




Windows Contacts」… Windowsのアドレス帳に入れる場合に選択。

Hotmail」… Hotmail用のcsvファイルでエクスポート。

Outlook」…Outlook用のvcfファイルでエクスポート。

Yahoo」… Yahoo用のcsvファイルでエクスポート。

Gmail」…Gmailにインポートするvcfファイルでエクスポート。

iCloud」…iCloud用のvcfファイルでエクスポート。

Thunderbird」…Thunderbird用のvcfファイルでエクスポート

iOS」… iPhoneiPadなどiOS搭載デバイス用にvcfファイルをエクスポート。


備えあれば憂いなし、他のサービスへの移行も簡単

エクスポート機能で電話帳のバックアップをすると、多くのアドレス管理サービスに対応した形式でファイルを保存できるので、サービス移行も楽に行うことができます。

関連キーワード

関連記事