2012.04.19

彼はいくつ当てはまる?「ピンチに強い男」診断




リストラ、災害、年金問題…。何があるかわからない、決して安心できない世の中です。
どうせなら、何があっても大丈夫な人と一緒にいたいですよね。
あなたを守りながら時代の荒波をくぐり抜けられる「ピンチに強い男」の特徴をまとめてみました。

雑学がある

「なんでそんなこと知ってるの?」と思わず尊敬してしまうようなことを知っています。
視野が広く、好奇心旺盛に世の中を見ることができる人なのです。
これからの時代、情報収集能力の高さは必須ですよね。

ハンカチ2枚持ち

一枚持っている人は普通、一枚も持っていない人は性格が粗雑で頼りがいがありません。
二枚持っている人こそ、いざというとき頼りになるのです。

さみしがり屋じゃない

ひとりで過ごすのがむしろ好きです。
時間を有効に使うことを知っているからです。

自分をかわいがりすぎず、体裁を気にしないひとが結局は一番強い!
ピンチに強い男は、つまらないことで孤独なんて感じません。一人飯も余裕です。

逆に、さみしがり屋な男は誰よりも自分を大切にします。
いざとなったら迷わず保身に走るので要注意。

悪口・愚痴を言わない

マイナスオーラがマイナスなことを引き寄せるのはよく知られたこと。
マイナス発言が多すぎるひとは要注意ですよね。
ストレス社会を生きて抜いていくには、「嫌なことは寝たら忘れる」くらいじゃないと。

機械に強い

パソコンの調子が悪くなりあたふたしているときでも、さっと助けてくれます。
こんな世の中なので、機械に強いことは必須ですね。  
冷静に作業している横顔におもわず胸キュン♪

名刺入れがキレイ

財布を名刺入れ代わりにしたり、名刺入れをパンパンにしているのはNG。
整理上手なひとは、頭の整理も上手です。

人に好かれる

年齢性別問わず、やたらと人に好かれます。
何か困ったことがあったとき、人に助けてもらいやすいということなので、これはとても魅力的な部分です。

折り畳み傘を持っている

突然の雨でもあたふたすることはありません。颯爽と折り畳み傘を出してくれます。
気が利いて、きちんと自分で準備してくれる彼はやっぱり安心。
「誰かが何とかしてくれるだろう」と思って、自分は何もしないような人は×。

また、ビニール傘しか使わない人はすこしいい加減なタイプが多いので注意です。

方向感覚アリ

「たぶんこっちだよー」と言いながら歩いていくと、大体ちゃんと目的地に着きます。
持って生まれたサバイバル本能ですね。
どこでどんな状況になっても大丈夫そう。

ピンチに強い男は、たとえ道に迷ったときも焦らず冷静に対応できます。
逆に、迷うと一気に不機嫌になるような人は×。
我慢強さがないというのは、のちのち命取りになりかねません。


「お母さんなら…」とか言わない

ピンチに強い男は、精神的に自立しているので、両親に頼るという発想がそもそもないのがポイント。
困ったときはお母さんが何とかしてくれると思っているような人は論外ですね。

こだわり・執着があまりない

時代に順応するおおらかさは大切です!
「○○じゃなきゃだめだ!」と言い張るような人のほうが頼もしく見えてしまいますが、こだわりが強すぎると、それが通用しなかったときが悲惨。

何事も受け入れ、柔軟に対処できるひとのほうが◎。

さいごに

彼はいくつ当てはまったでしょうか。
数次第では、生涯のパートナー候補になっちゃうかも?

参考図書
櫻井秀勲「「男心をつかむ」心理辞典」王様文庫

関連記事