2018.06.06

いい恋がしたかったら、まずは忙しくなったほうが良い!

みなさんは「いい恋」というと、どんなものをイメージしますか?
きっと、彼氏とずっとラブラブで、ケンカもしないで、いつかは結婚して……なんてものを想像するでしょう。

でもそういった「満たされる恋」がしたかったら、恋愛至上主義になっていてはダメかも。
むしろあえて仕事や勉強などを忙しくしたほうが、恋愛にも追い風が吹いてくるかもしれませんよ。

多忙でも恋愛はできる!

「ちょっと待って!恋愛は時間がないとできないよね!?仕事とか勉強に時間使ってて良いの!?」と思う人もいるかもしれません。
でも芸能人でも、「この人売れっ子なのに、恋愛する暇なんてあったの?」なんて人が、熱愛報道が出たりしますよね。
つまりどんなに多忙でも、自分次第でいくらでも恋愛はできるんです。

忙しさは自然と自分を高めてくれる

むしろ忙しいほうが、人は自然と「充実しているオーラ」が出るもの。それに会話のネタも増えるので、男女問わず、ストレートに「一緒にいて楽しい」と思ってもらえます。その一方で特に予定もなく、「いつ合コンのお誘いがあっても良いように」「いつ気になる彼から誘われても良いように」なんて家に引きこもってばかりいると、どことなく重い雰囲気に……。男性は「友達がいなさそう=付き合ったら全部俺に負担がきそう」と思うため、交際を躊躇してしまいます。

また毎日暇すぎると、終わった恋愛への未練が強くなったり、理想ばかりが大きくなってしまい、どんどん現実から離れてしまいがちに。もしくは人と触れ合うのが怖くなり、いざ気になる人ができてもどうしたらいいのかわからず、一歩踏み出せなくなってしまいます。
せっかくのチャンス到来なのに、これじゃもったいないですよね。「時間だけはあったのに、いままで自分は何をしていたんだろう……」と後悔してしまいます。

忙しさはダメ男もはねのけられる!

よく「とりあえず恋愛はいいやと思って仕事を頑張っていたら、急に彼氏ができた」なんて話を聞きますよね。結局のところモテテクを駆使するよりも、こうやって毎日必死に頑張ることで、人としての魅力が出るのかもしれません。
それに仕事や勉強が忙しいと、相乗効果が生まれて、恋愛もバランス良く進むのでしょう。

また忙しいからこそ、「いや、そんな暇ないし」と体目当ての男性をはねのけることもできます。仮にダメ男に捕まってしまったとしても、自分にはやらなければいけないことがあると思ったら、もう前を向くしかなくなるのです。
忙しいからこそ無駄なく、また思い通りに行かなかったとしても、すぐに軌道修正することができます。
そうするとダメ恋の沼にはまることなく、結果的に自分と1番合う男性との恋ができるのかもしれませんね。

おわりに

恋愛メインで生活してしまうと、どうしても依存傾向になりがちに。
でもそうすると結局付き合っても「重い」と捨てられてしまう……といった、同じことの繰り返しになってしまいます。
ダメなサイクルは自分から断ち切っていかなければなりません。
「忙しい毎日の中に恋愛を取り入れる」といった、いい意味で恋愛を軽くとらえたほうが、意外とうまくいくこともあるはずですよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事