2012.04.18

推しメンは"やすす"に決定!「秋元康系男子」の魅力とは



未だ人気が衰えるところを知らぬAKB48。
そんな中、最近チラホラ見掛けるのがプロデューサーである秋元康さんを推す女の子。

常に先頭に立ってチームを引っ張る「秋元康系男子」・・・確かにカッコいいかも!
今回は、彼らの魅力と気になる落とし方を検証しちゃいます♪

※親しみやすさを上げるため、以下秋元さん自身がGoogle+で使用する「やすす」というあだ名を使用します。

1 強いリーダーシップ

AKB、SKE、NMBなど。合計200名以上の女子をまとめるやすす。
これだけ多くのメンバーをまとめるリーダーシップと責任感は計り知れない。

常に先頭に立つ彼の後ろ姿に男を感じます。

2 多才

AKB48、おにゃんこクラブのプロデューサーとしてのイメージが強いやすす。
しかし、やすすのお仕事はアイドルのプロデュースだけではない!

作詞家に始まり、TVプロデューザー、作家、脚本家など。
なんと、役所広司さん主演で映画化された「象の背中」の原作もやすすが手掛けているのだ。スゴイ!

どんなことに対しても真剣に取り組み、成功させちゃうやすす。思わず見つめる瞳がハートになっちゃう。

3 実はロマンチスト

プロデュースだけでなく、作詞も手掛けるやすす。
大ヒットした「フライングゲット」や「Everyday、カチューシャ」も、やすすの作品。

片想いの切ない気持ちをあんなに上手に綴れるなんて・・・やすすはとってもロマンチストに違いない!

4 面と向かって怒ってくれる

しっかり者のたかみな以外は、全員怒ったことがあるというやすす。

間違いを正そうとしてくれる本気の姿勢は、同世代にはない魅力。

5 期待をかけてくれる

AKB全メンバーのブログをチェックしていると噂のやすす。
メンバー全員に期待をかける姿勢は、ぐぐたすことGoogle+でも確認できる。
上位・下位問わずメンバーのつぶやきには反応し、励ましの言葉をかけるのです。

辛い時でも、自分を見ていてくれる彼の存在があればどこまででも頑張れますね。

6 メガネ男子

2001年には、日本メガネベストドレッサー賞を受賞している。れっきとしたメガネ男子のやすす。

一部ではメガネを外すと、よりイケメンになると噂。
少女漫画の古典的設定(メガネを外すとイケメン)を自ら体現するところはさすが!

7 自分だけに見せてくれる一面

秋元康系男子と付き合う一番の魅力はコレ。
普段厳しいリーダーである彼が、自分の前だけで見せる可愛らしい一面は宝物。

みんなの前で特別扱いはしなくとも、二人の時は普段見られない一面を見せてくれるやすす・・・素敵ですね!

そんなやすすの落とし方

以下の二点を試してみてください。

1、媚びない
相手が権力者だからといって、媚びないことが大切。
いつもと同じ態度で、対等な関係を意識して接しましょう。

チラチラ顔色を伺う女ばかりの中、物怖じせずに意見する女子はむしろ好印象。
「久々に見込みがありそうな子が来た」と、注目されちゃうこと間違いなしです。

2、悔し泣き
向上心が強くて、やる気がある女の子が好きなやすす系男子。
そんな彼の気持ちを惹き付けるためにおススメなのが、「悔し泣き」をすること。

「なんで選抜メンバーになれなかったんだろう・・・あんなに頑張ったのに・・・悔しい。」彼の前で、泣きじゃくりながら悔しさを吐露しましょう。
涙を流すほど悔しがる女は稀。「気持ちが強いこの子を応援したい!」と、気に入られる可能性大です。

さいごに

秋元康系男子の魅力、分かっていただけたでしょうか。

社会的勝者でありながら、常に挑戦を続けるやすす男子の未来は明るい!
早めに目星を付けて、フライングゲットしちゃいましょう♪

関連記事