2012.04.19

楽々!Outlookの連絡先をiPhoneに移行する方法

iPhoneは通話だけでなく、Googleマップで住所検索やwebメールにアクセスして送信できるのでとても便利。そうなると、アドレス帳に「Eメールアドレス」や「住所」が入っていると、アプリの機能も使いやすくなりますよね。でもいちいちiPhone上に自分で入力するのは面倒くさい…OutlookにあるデータをiPhoneにインポートできれば楽!そんな方に、Outlookの連絡先をiPhoneに移行する方法をご紹介します。iTunesと同期しなくても大丈夫です。


使うのはiPhoneの連絡先移行ソフト

CopyTrans Contactsをウェブサイトからダウンロードします。
このソフトは主に、

パソコン上にある連絡先データをiPhoneにインポート
・iPhoneの連絡先をパソコン上にエクスポート(バックアップ)
・パソコン上でiPhone内の連絡先を編集・グループ分け, etc…

などの機能があります。今回は「iPhoneの連絡先をインポート」機能を使って、アドレスをiPhoneに移行します。

まず、Outlookで連絡先をエクスポート

iPhoneに入れたい連絡先をvCard形式でパソコンに保存します。

連絡先を選び「名前を付けて保存」>「vCardファイルにエクスポート」

それから好きな場所に保存しておきます。



次にCopyTrans Contactsを起動

先ほどダウンロードしたCopyTrans ContactsZIPファイルからexeファイルをデスクトップに取り出して起動します。起動後、iPhoneをパソコンに接続します。そうすると、iPhone内の連絡先がソフトに表示されます。



そして、vCardをiPhoneにインポート

ソフト左上「連絡先をインポート」ボタンを押して、




インポートするOutlookvCardをインポートします。




きちんと連絡先が
iPhoneに入りました。


面倒な設定なし!連絡先の移行はこれでOK

この方法だとiTunesとの同期設定などは必要ないので、簡単にOutlookの連絡先を移す事ができます。iPhone上で連絡先を変更した場合、CopyTrans Contactsエクスポート機能を使えば、Outlookに再びインポートすることができます。
関連キーワード

関連記事