2018.06.17

抑えきれない胸キュン!「物理的に距離が近いデート」がしたけりゃここに行こう

ふたりの仲を縮めたい。
共通の趣味の話をする、ふたりがテンション上がる場所に行く、いろいろあるけど、なんだかんだ手っ取り早いのは「ふたりの距離が物理的に近い場所」に行くことじゃないでしょうか。

パーソナルスペースに飛び込まれるというのは、その瞬間こそ抵抗感があるけれど、一度その状態が続いてしまえば、むしろ距離が近いおかけで心理的にも親近感が湧いてくるものですからね。
ということで今回は、そんなデートのアイデアをご紹介します。

1.電車に乗ろうぜ

私は(物理的に)お近づきになりたい人がいるときには、結構電車を使った移動をデートに取り入れます。

電車というのはとても使えて、空いてるときにもふたりで密着して隣同士で座りますし、混んでいればそのときには立ったまま、やっぱりふたり密着しているわけです。

それに電車は揺れますので、その度にギューって密着したり、立っているならふらつきそうになって彼に捕まるとかも全然ありうる。

そのまま駅集合というのが普通かもしれませんが、たまには目的地まで一緒に電車で移動したり、あるいは目的地から次の目的地まで電車を使うみたいなデートもいいんじゃないでしょうか。

2.人混み。

私の経験則としては、公園とかだだっ広い場所にぽつんと二人きり……みたいなのは、一見ムードは良くなりそうなんですけど、なんかあんまり近づけないんですよね。スペースが広すぎると。

逆に、渋谷とか新宿とか「人めっちゃ多いね!」みたいなごみごみした場所は、(嫌いな人も多いかもしれないんだけど)「くっつかないとはぐれちゃうよ!」ということで必然的に距離が近くなる。密着する。

人が多い街もいいし、季節的には、お祭りとかフェスとかそういう野外系もいいかもしれませんね。

あとはクラブなんかもいいかもしれません。人が多いのに加えてとてもうるさいので、どうしても顔と顔を近づけて話すことになりますが、これがふたりの親密度をアップさせる。クラブというのは、ナンパされるだけの場所じゃなくてデートにもおすすめです。

3.近くでカチッと固定

また、ある程度近い距離で強制的にふたりの位置が固定される空間もおすすめ。例えば映画館であれば、肩と肩、手と手が触れそうな距離で隣同士座るしかありませんし、ドライブデートなんかも同じですよね。あとはカウンターのお店も、強制的に近くに座らされるという意味でとてもいいです。

横並びなので顔を合わせる必要もありませんし、「どこ見たらいいの……」みたいにどぎまぎせずに、自然体で近くに居ることができるというのも初心者さんにおすすめなポイントでしょうか。
緊張しすぎて、一緒に歩いていてもちょっと距離を開けてしまう、お店に入ってもトイメンでいまいち距離が詰まっていかない、という人にはぜひ試していただきたいと思います。

おわりに

初回のデートで、いきなりふたりの仲をぐんと縮めたいという場合はもちろん、何度もデートをしたけど、今一つ仲が縮まりきらないというときの最後の切り札にももってこいです。

「Hしたら好きになっちゃった」ということはしばしばありますが、これはいわば、「物理的な距離を縮めて心の距離を縮める」手法の究極形。ただ、ここまでする必要はありませんし、そこまではいかないレベルのほどほどに「物理的に近い」デートをしていくことで、いまいち加速し切らないふたりの関係にとっての推進力となるはずです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事