2018.06.19

チャラ男がまともな男に生まれ変わるとき

「資格をとらないと食いっぱぐれる」という考え方がメジャーになっている時代だから、恋愛においてもソロバンをはじいて、「チャラ男といつまでも付き合っていたら結婚できないかも」みたいに考えている女子がいても、なんらおかしくはないです。
でも、それじゃあチャラ男がかわいそうでしょ?ということで、今宵は、チャラ男がまともな男に生まれ変わるときについてお話したいと思います。

■「ない」を意識した途端に、わりとまともな人間に生まれ変わります

男ってチャラくてもチャラくなくても、みんな精神構造の基礎はおなじで、「ない」を意識した途端に、わりとまともな人間に生まれ変わります。
チャラ男にないもの――たとえば社会的な信用がない、という例を挙げるなら(社会的信用のあるチャラ男もいるけれど、わかりやすい例として挙げるなら)、結婚して子供ができた途端に、それまでヤバいくらい遊んでいたチャラ男がすごくまともに働くようになって、子煩悩ないいパパになる、なんてことは、すごくよくある話です。

あるいはチャラ男本人が結婚しなくても、チャラ男のまわりの友達とかが結婚して家庭を持ったとなれば、やっぱりチャラ男とて焦るわけですよ。「友達はみんな結婚して家庭を持っているのに、おれには安心できる家族がない。ああ早くまともな暮らしをしてみたいものだ」みたいに思うんです。で、そう思った半年後に結婚したり。

■男にも結婚適齢期はある

チャラ男と結婚についてここで簡単に触れておくと、チャラ男にも無性にも結婚したくなる時期というのがあります。チャラ男のみならず、多くの男子には「結婚適齢期」があって、それは「今すぐにでも結婚したい」と思った時です。

それが明日かもしれないし、半年後かもしれないし、5年後かもしれない――いつなのかは本人もわからないし、なぜ無性に結婚したくなる時期がやってくるのかもわからない、でも男にも結婚適齢期はあるんです。

なので、今チャラ男と付き合っていて、彼のことが好きで、でも彼のことを「好きだけど結婚向きではない」と思っている女子は、そんなこと考えなくてもいいかもしれないです。彼は明日、すごく結婚というものをしてみたくなるかもしれないのだから。

■よく遊んできたチャラ男のほうが将来性がある

話がそれました。それたついでにもう1つ言っておくと、よく遊んできたチャラ男のほうが、マジメそうに見える男子より将来性がある――こういうことも傾向として言えます。
今20代前半の女子はとくによく聞いておいていただきたいのですが、就職がどうのこうのと言ったところで、結局最後に使える能力って「人とうまくやっていける能力」だけだったりもするんですよね。
どこの会社に勤務しているとか、年収がいくらとか、そういうソロバンをいくらはじいたところで、結局、先々になって使える能力って、対人能力だけだったりもするんです。

対人能力に恵まれていれば、「おいしい話」が転がり込んでくることがあります。「やっぱりこの日本って、学歴より人脈だよね」みたいな話が転がり込んでくることがあるんです。
就活中には高校や大学の就職課から聞かされなかった、「え?こんな職業ってあったの?」みたいな仕事って、世の中にはたくさんあって、対人能力に恵まれている人はそういう情報に恵まれるんですね。
よく遊んでこないと対人能力なんて身につかないのだから、チャラ男はそういう面ですごく得をしている――こういうことも言えるんです。あくまでも傾向として。

なので、「チャラ男の彼は結婚向きじゃないかも」なんて思わないで、彼のことをもっと好きになって彼にハマってみる、というのも方法ですよ。博打みたいなものかもしれないけど、当たればデカいのが博打だから。(ひとみしょう/文筆家)

【今夜はちょっと、恋の話をしよう】

(ハウコレ編集部)

関連記事