2018.06.20

「彼がダメになってしまうから、別れられない」って、本気で思ってますか?

ライターの大久保 舞です。
「彼氏と別れたいけれど、私と別れたら、彼氏はダメになってしまうから別れられない……」このように悩んでいる女性もいらっしゃいますよね。

「別れたら彼氏がダメになる」という理由には様々なものがあると思いますが、「自分がついていてあげないと、この人はダメになってしまう」という意味合いかと思います。

結論から言わせていただくと、そういった悩みを持ちながらも付き合い続けているのであれば、それは本当は彼氏のために悩んでいるのではなく、自分のために悩んでいる可能性が高いかもしれません。

一体どういったことなのか、先日筆者に恋愛相談をしてきた女性のケースを元に、そこからさらに踏み込んで紐解いていきたいと思います。

好きではないなら、別れるべき! 愛情と同情の違い

筆者に恋愛相談を持ちかけてきたA子さん。

「付き合ってみたら、彼氏のことがそれほど好きではないことに気がついて。けれど、私と別れたら、彼氏はダメになってしまうと思うんです。どうしたらいいのでしょうか?」という内容でした。

筆者は「それは彼氏さんに対しての愛情ではなくて、ただの同情になってしまっていますよね。お互いに傷つかない別れはまずないのですから、別れを切り出すしかないと思いますよ」と答えました。

するとA子さんは「でも、本当に別れていいのかどうか分からないんです……」と、歯切れの悪い返答。

そして、最終的には「彼氏と別れてしまうことで、共通の友人たちから自分が悪者にされてしまうのがイヤだ」という本音を明かしたのです。
A子さんのケースは、分かりやすいタイプの「本当は自分のために悩んでいる」パターンですよね。

A子さんの場合、第三者から見ても、彼氏に対しての愛情はあまり感じられないので、別れるべきだとしか言いようがありません。

付き合い続けたいなら言い訳はしない、別れたいなら別れるしかない

A子さんのように分かりやすければまだいいのですが、分かりにくいパターンだと「本気で別れる気はないのに“彼氏がダメになるから”という大義名分で、彼氏のために悩んでいるフリをしている」というケースもあります。

「彼氏がダメになるから別れられない」という発言をしていても、なんだかんだでずっと付き合っている女性は、「別れる労力をかけるのが面倒」「本当はいろいろ改善して付き合っていきたいけど面倒」などの気持ちが潜んでいるのかもしれません。

別れたらダメになってしまいそうな彼氏でも、どうしても好きなのか……はたまた「彼氏を支えてあげている、献身的な女性」を演じたいのかなどは、人それぞれかと思いますが、何度も同じ相談を周囲の人に繰り返すのは考えものです。

いつまでも結論の出ない悩み相談は、聞くほうにも負担がかかります。

「結局、彼氏をダメ男扱いしたいだけじゃない?」のように認識されることもあるでしょう。
「そんなつもりはなくて、本気で別れたいからこそ悩んでいるのに!」ということであれば、先ほど述べたように、同情と愛情は違いますから、別れるしかありません。「本気で別れたい」のなら、別れればいいのです。

彼女と別れたことで実際にダメになってしまう男性であれば、それは女性側に責任があるのではなく、その男性自身の問題で、それをあなたが背負い込む必要はありません。

自分は彼とどう付き合っていきたいのか?
なぜそれができないのか?なぜ別れたいのか?

「彼が」ではなく、自分がどう感じているのか、きちんと考えましょう。

おわりに

もちろん、「いろいろ考えてみたけど、自分が本当に別れたいのかわからない」というときは、
信頼できる人に相談するなどして、じっくり考えてみるほうがいいでしょう。信頼できる、あなたのことをよく知る人だからこその意見で、気づきを得ることもあるからです。

ただ、何事も「誰かにどうするべきか判断してもらう」のではなく、付き合い続けたいのなら彼氏のことを悪者にせずに付き合う、別れたいのならすっぱり別れる……のように、自分がどうしたいのかハッキリさせたうえで、自分自身で決断するべきです。。(大久保 舞/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事