2010.03.04

お医者さんに教わった 手洗いとうがいのしかた

風邪も新型インフルエンザも季節性のインフルエンザも、
予防の基本は、「手洗い」と「うがい」です。

できれば、顔も洗うとなおいいそうです!

ここまで、お子さんがいるお家や、家族に風邪やインフルエンザにかかっている方がいるお家の人は、要チェックです!

「手洗い」の方法

全部で、約2分かけてゆっくり手を洗いましょう!


1.手を洗う前に、時計や指輪をはずし、袖をまくる。

2.せっけんを泡立てて、まず手のひらを洗う。(30秒)

3.手の甲を洗いながら、指の間もよくこする。(左右10秒ずつ)

4.指先と、爪の間を洗う。(左右10秒ずつ)
ポイント:爪、指先、指の腹の3面を意識する。

5.手のひらをもう一度洗いながら、指の間も洗う(10秒)

6.親指をねじりながら洗う。(左右5秒ずつ)

7.手首をつかんでねじりながら洗う。(左右5秒ずつ)

8.よく水で流す。

9.きれいなタオルでふく。

「うがい」の方法

1.水かぬるま湯を用意します。

2.口に含んで、上を向いて、ガラガラガラ・・・(10秒)
ポイント:のどを洗うように意識しましょう。

3.吐き出します。


5回ほど繰り返しましょう。

厚生労働省の動画も参考に!

正しい手洗いの方法(インフルエンザにかからないために)

関連記事