2010.03.04

文系さんでもこれならできる?!衝撃!電卓いらず、簡単に3桁の掛け算ができちゃう方法

数学・算数ができないという方に朗報です!
簡単に3ケタ同士の掛け算ができちゃいます。
しかも、今までにはなかった、斬新かつ簡単な方法で!!

この方法には驚きです!
なんで、こういう風になるかはわかりませんが。
ただ線を書いていくと、答えが出てしまうという方法です。

まずは2ケタの計算 (21×13=?)

①「21」の10の位の「2」から、右斜め上に2本線を引きます。
② ①で書いた線と少し離した下に「21」の1の位の「1」から、右斜め上に1本線を引きます。

③「13」の10の位の「1」から、右斜め下に1本線を引きます。この時、①~②で書いた線と交わるように書きます。
④ ③で書いた線と少し離した上に「13」の1の位の「3」から、右斜め下に3本線を引きます。この時、①~②で書いた線と交わるように書きます。

⑤10の位同士の線が交わった左上の角の交点を数えます。ここでは、「2」

⑥1の位同士の線が交わった左上の角の交点を数えます。ここでは、「3」

⑦残りの交点を数えます。ここでは、「7」

⑧あとは、⑤⑦⑥の順に数字を並べるだけ。したがって、答えは「273」


たったこれだけ!

簡単すぎて、サルでもできてしまいますね!(盛りすぎw

3ケタは?

3ケタの場合も同じように線を書いていきます。

3ケタの場合は、数え方が変わります。

でも、ビデオを見れば一目瞭然。簡単に答えが出てしまいます。

繰り上げを忘れずにね!

まとめ

いかがでしたか?

数学、ましてや算数が苦手という学生のみなさん!
電卓がなくて、でも計算しなきゃいけないっていう方!

こんな簡単にできたら、助かりますね♪
しかも、時間も余りかからないので、検算とかにもいいかもです。

みなさんも、一度試してみてください!

関連記事