2018.07.28

せっかく大人になったので、デートは「お酒」で少し盛り上がってみよう

どうもあかりです。

「お酒と恋愛」
この言葉を思い浮かべたとき、ある人は「持ち帰りするためにゴリゴリ飲ませる男」、ある人は「酔ったふりして男に色気を使う女」といった、ちょっと過激なイメージを持ちがちです。

だけどそんなに極端な話じゃなく、ちょっとしたお酒という調味料を使って、今日のデートにひとさじのドキドキをトッピングしてみませんか?というお話です。
大人だしね。お酒を上手に使える女にでもなりたいじゃないですか。

そんなわけで今回は、お酒を活用したちょっとしたモテテクをご紹介していきたいと思います。

1.彼のお酒に挑戦してみる

「それどんな味するの? 強い?」
こんな女子の一言から始まるやりとりは、男子のちょっとしたお気に入りです。

もちろん人にもよりますが、男子は女子よりもお酒に対する興味が強く、そのため私たちが知らないような種類のお酒や、私たちだったら「一番安いのでいいや」と妥協してしまうところであえて「ひとつ上のクオリティ」のブランドに手を伸ばす好奇心を持っています。

カギは、多くの男子がそれを単に「おいしい」というだけじゃなくて「かっこいい大人の男のたしなみだ」と思って楽しんでいるところ。
だからこそ、彼が飲んでいる知らないお酒に女子が興味を示してくれることは、その彼の趣味に対する理解を意味することになります。

また、「同じものを飲んでみたい」というのは、広い意味で「あなたと仲良くなりたい」というさりげない歩み寄りにも聞こえるので、これまたうれしい。
さらに、同じところから飲むことで、(意図的か無意識か)間接キスをすることにもなってさらにうれしい。

2.飲みっぷりに配慮

自分のお酒のペースに気を配ってくれる女子に好感を持つ男子も多いです。

「それ、何杯目? 早くない?」「そろそろ弱いお酒にしたら?」「もうかなり酔ってるから、次は一杯ウーロン茶挟んでね」などなど、もちろん「酔いつぶれられたら単純に困る」というのが本音にはあるわけですが、好きなものを自由気ままに楽しむ自分と、それを温かく見守りつつも、危ないことがないように何かあれば手を差し伸べるという「母と息子」のような構図が、男子にとっては心地いいのです。

3.「らしくない」ホメ

また、お酒が入るといい意味で性格が変わってしまうというのも、男子が一緒にお酒を飲んでいて楽しいと感じる女子の特徴です。

そのひとつに、例えば酔っぱらってしまうと「ここがイケメンだと思うんだよね」「ほんとそういうところ好き」「ありがとう~めっちゃうれしい!」など、ポジティブな感情表現の質と量がお酒に比例して増えてしまう女子というのが挙げられます。お酒を飲むと管を巻いて、とにかく人の悪口ばかり言ってしまうような人はあまり一緒に飲みたいとは思えませんが、お酒が入ると、ふだんはシャイであまり直接伝えられない本音がホメ言葉として出てしまうような人なら、たくさんお酒のあるデートがしたいなと感じますよね。

もちろん酒乱ではいけませんが、いい意味で「酔ったときに見せる違う性格」がある様な人は、いい意味でお酒を味方にできる方法を知っているなと思います。

4.「ぷうっ!」

かなり細かいポイントですが、「酔ったときに『ぷう~!』ってため息つくのがかわいい」というのはよく耳にする声です。

「酔ったときのモテ仕草」と聞いて思い浮かぶのが「ボディタッチ」というだけじゃレパートリーが少なすぎ。むしろボディタッチなんてもはや「古典」みたいな、「よ、出ましたモテテク!」とか言われちゃいそうなくらいに知れ渡っていて、逆に実践的じゃないかもしれません。ため息のほか、ケラケラと笑い上戸になってしまう、アイコンタクトが長くなる、少しだけ距離が近くなる、恋バナが増えるといった、お酒と掛け合わせて使える小技をいくつか知っておいて損はないはずです。

おわりに

大人になると、レストランでのデートでも、飲み会でも、ひょっとしたらお家でご飯を食べるときでもお酒は登場してきます。
だから当然、そのお酒を味方につけるやり方を知っている人はそういう場面で得するし、そうじゃない人は得しないというお話。

てかあとは、「お酒飲むと、かわいいな」って言われたいですよね、単純に。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事