2018.08.03

彼もドン引き…「ナルシスト」と思われかねないSNS投稿

こんにちは、美佳です。
今や1人1つくらいはやっているSNS。SNSがきっかけで、恋が始まるのも普通になってきました。
恋愛のきっかけにもなるということは、使い方次第で男子を惹きつけたり、ドン引きさせたりするということ……。

自分で自分のことを発信するときは、方法を間違えると「かまってちゃん」「イタいやつ」「ナルシスト」のレッテルを貼られてしまうもの。そうなったら、恋愛に発展するのはなかなか難しいし、ナルシストのイメージを払拭するのも難しい…。

では、どのような投稿がナルシストのレッテルを貼られてしまうのでしょうか。

キメ顔の自撮りは鉄板

鉄板はキメ顔の自撮り写真でしょう。頻繁に自分のキメ顔自撮り写真をSNSに投稿している女子は、ナルシストと思われてもしょうがないかと。見てる人に『自分のこと大好きなんだろうなぁ…』と引かれていること必至。また、既にベタとなっている「キメ顔自撮り」以外、あえてクシャッとした顔やちょっとおどけた顔等であっても「顔写真ばっかり」だと、『可愛いと思ってるんだろうなあ…』という寒い空気が漂います。

ついでに、モデルでもないのに、謎に「恥ずかしいけど、すっぴんです♡」と、すっぴん写真を披露するのも、見てる側的に「え…?すっぴん見せられても反応に困る…」「『可愛い!』って言われたいだけでしょ?」と、ネガティブにとらえられている可能性が。

忙しいけどイキイキしてる私!アピール

これ、女子だけでなく男子でもそうなのですが、謎に忙しいアピールをする人いますよね。見てる人によっては「いや、忙しいなら投稿しなくていいから」と引いてることもしばしば…。

しかも、その投稿が読んでる人にとって何一つ有益な情報がない!となると、ただの自分通信…。読み応えもない忙しいアピールは「忙しい自分に酔ってるだけでしょ?」という冷たい目で見られてしまうことが。この際、「忙しくてしんどかったけど、その中でこういう学びがあった」というところまで書いてしまったほうが、まだ潔いかもしれません。

プロフィールにやたら多いスラッシュ…

「元モデル/インフルエンサー/〇〇代表/イベントオーガナイザー」などなど、やたら肩書きを書き並べるスラッシュ多め女子も、見る人によっては「アピールが過ぎるな…」と思われてしまうこともあります。

自己アピールは大事なのですが、自分の良いことばかり書き並べたキラキラプロフィールのうえ、投稿も欠点などを感じさせない、むしろ見栄すら感じてしまうものだと、どこか人間味がなく「自分に酔っている…?」とレッテルを貼られてしまう可能性が…。

「みんな見て!」と言わんばかりに、自分の良い部分ばかりをアピールするのは、ナルシストと思われやすいでしょう。ちょっとぐらい欠点があってこそ、人間味や親しみやすさがあって魅力になるってものですよ。

意気込みばかり熱く語って行動が伴ってない

SNS上で意気込みをやたら熱く語るのも「自分大好きそうだなぁ…」と引かれてしまう可能性が。

物事に対する意気込みは大事なのですが、「ダイエットして綺麗になって、素敵な彼氏をゲットする!」「楽しく稼いでハッピーになる!」などなど、意気込みばかりを頻繁にSNSに投稿し、行動が伴ってない感じが伺えると『いや、本当に頑張る人はつぶやく暇すら惜しんで努力してるのでは…?意気込みだけ?』と引かれてしまうことも。いわゆる「意識高い『系』」状態で、実際に意識を高く持ってきちんと努力している人とは違い、「意識高い自分かっこいい…♡」状態なだけなんだな、と思われます。

終わりに

SNSは個人のものですから、自由に使ってOKです。ただ、SNSで恋が生まれることもあれば、好きな人のSNSを覗いて恋が冷めることもあります…。後者にならないように気をつけたいものです。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事