2018.08.06

安定カップルへの道。付き合いたてのラブラブが落ち着いたら、愛し方を更新せよ!

心の中は彼のことでいっぱい!彼の言葉、仕草、笑顔、すべてが最高!なんていう時期は、ある程度時間が経つと、少しずつ落ち着いてきますよね。でもそれは自然なこと。素敵な恋を長続きさせるために大切なのは、そんなラブラブ期が落ち着いてきた後の愛し方なのです。どんな愛し方をすれば、いい関係を築いていけるのでしょう?

●イチャイチャするより、寄り添う優しさを示す

付き合いが始まってだんだんと気持ちが落ち着いて来たら、ただイチャイチャして愛情を確かめ合う過ごし方からも変化していくべき。一緒にいる興奮が冷めてきたら、相手の外側より、内側に注意を向けてみましょう。

いま、なにを考えているのかな?
どう感じているのかな?
なにか辛いことはない?私にできることはあるかな?

イチャイチャベタベタするより、そっと隣で寄り添うような優しさが、本当の絆を育てていきます。くだらない話やテレビの話題で笑い合うのももちろん良いのですが、プラスして、彼の過去の話や思い描く将来の話、理想の人生像などを聞く時間も大切。ぜひ意識して、話す機会を作っていきましょう。

●デートは頻度や時間よりも、質を大切にする

少しずつ、デートの頻度や内容も落ち着いてきたときに大切になってくるのは、デートの回数や過ごす時間の長さではなく「質」。つまり、どんな会話をして、お互いのなにを知って、感じて、カップルとして成長できるのかどうかです。ドキドキが落ち着いてきた時期、どんなふうに過ごすのかによって、絆の成長率は大きく変わってきます。

デートのときに、彼が頑張りたいことについて聞いてみたり、私のなにが好きか聞いてみたり。デートを通して、彼のことを知ろう!と、改めて意識してみると、思ってた以上に「知らなかったこと」「知りたいこと」が出てくるはずです。

また、デート後には「今日は、絆を強くできたかな?」と考えるのが◎。そんなデートを繰り返す内に、お互いを深く理解できて、愛情も絆も深まるはずです。

●求め合うエッチから、感じ合うエッチに

付き合いたてのエッチは、戸惑いや不安もあるけれど、お互い求めていたものがついに手に入った興奮でいっぱい。でも、回数を重ねる内にそういった気持ちも落ち着いてきますよね。

お互い異性として求め合う本能的なものは変わりませんが、心や愛を感じ合うことがより重要になってきます。幸せであることを伝えるよう心がけたり、セックス中の自分の気持ちを言葉にしたり。彼の好みも探ってみてください。

ただ「したいから」だけでなく、そんなふうに「愛情を伝える方法の一つ」としてエッチをするのもアリ。ちょっとしたすれ違いや、プチ喧嘩があった日などであればとくに、「アナタしかいないんだよ」というのを伝え合い、感じ合うこと。流されるままエッチするのではなく、自身のなかでもその意味を考えていくといいかもしれません。

●おわりに

今回は、関係や気持ちを更新し、さらに愛情や幸せを深める愛し方について少しご紹介しましたが、この更新は、1回限りではありません。何度も何度も、必要に応じて更新できるものなので、あなたも自分自身の中で定期的に意識してみてはいかがでしょう?上手なアップデートができれば、ふたりの絆も強くなっていくはず。ときには真剣に、いまのふたりに必要なことを話し合ってみるのもおすすめですよ。(織留有沙/ライター)


(ハウコレ編集部)
兼島彩香/モデル)
お多福/カメラマン)
上杉光美/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)

関連記事