2018.08.08

これはモテない!初対面の場で男を遠ざけちゃってる女子の言動・4つ

こんにちは、「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

男女関係なく、まだ人間関係ができてない人に面と向かって注意することなんてほぼ無いですよね。誰もが嫌われたくは無いですから(笑)。ただ、口は出さないまでも心の中では「ええ・・・ちょっとそれはないな…」と思ってしまうこと、たくさんあります。今回は、合コンや飲み会など初対面の場で多い男の気持ちを冷めさせる女子の言動についてまとめてみました。当てはまる人は今後注意しましょう。

1、ふとした時の、その表情

意外と誰もがやりがちなんですよね。飲み会や合コンで、ふとした時に見せる疲れた表情や、やる気のない表情。

これ、男はめちゃくちゃくちゃ気になるんですよ。というのも、男は「女子を楽しませないといけない」と感じている部分が大きいので、「楽しんでくれているか、そうでないか」を気にしています。だからこそ、「自分から参加しておいて、なんでつまんなさそうな顔してるわけ?」「やる気ないってことは、こっちに興味もないし、どうでもいいと思ってるんだろうな」となるわけです。
こういう表情って、無意識に出ていることがありますから要注意。たまに社交的な男が「そんな冴えない顔しないでよ」「なに疲れた表情してんの?」笑いながら言ってくる場合は、気持ちの中で「こんな飲み会の場でそんな顔するなよ」と若干怒ってることあるんで、気を抜かないようにしてくださいね。

2、秘密=ミステリアスな魅力、じゃないですよ?

次に、やたら秘密が多い女子も男は冷めます。会話のセオリーで、「どんな仕事してるの?」「どこに住んでるの?」「出身地は?」はよくある質問。これに対して「まあまあ」「おいおい」とやたら秘密にしたがる女子がいます。男からすると「芸能人?」「こっちはコミュニケーションとして聞いてるのに」とイラッとする場合が多いです。基本のコミュニケーションとして、自己開示しない人にだれも心を開きませんからね。「個人情報だから言いたくない」とか、例えば仕事だったりにコンプレックスがあったりであまり言いたくないだとか、そういう事情があるのかもしれませんが、それはそれで、自分側の事情。飲み会や合コンの場でのこういう会話はあくまで「コミュニケーションのきっかけ」ですから、正直に答えないにしても、うまく返して、やり取りが途切れないようにする努力は、各々がするべきですよ。

3、なんか、無理してる感ある

飲み会や合コンの場で、無理してる感がでてる女子にも冷めてしまうことがよくあります。さきほどの「やる気のない表情」「秘密が多い」などに比べるとサービス精神旺盛ですごくいいことなんですが、なんでしょうね?日頃やり慣れていない感が男にとしては「そんな無理しなくていいよ」という、逆に気を遣わせて気持ちを冷めさせてしまうんでしょう。あとは、透けて見える「必死さ」にちょっと引いてしまう。一番いいのは、「みんなで楽しく飲んで、その中で合う人がいたら嬉しい」というパターンなので、どちらにせよ、ムリは続きませんから、そこで自分を取り繕っても仕方がないわけです。例えば、料理の取分けや、無理にその場を盛り上げて笑いをとったりする行動など。「◯◯しなきゃ!」よりも、「人として相手の気を悪くするようなことはしない」ことを意識して、あとはその場を楽しむのが一番かと。

4、「私はいいから」は、いいから!

特に合コンなどで、男性から「好きなタイプは?」「どんなお酒好きなの?」のように、あなたに興味があるから質問をなげかけているのに、「私はいいから友達を!」とやたら別の子を押してくる女子がいます。こういう女子にも男は冷めてしまいます。もちろん自分は彼もいて気持ちに余裕があるかもしれない。そうでなくとも、好きな人がいたり、友達が「◯◯くんがタイプ」と裏で言っていたりと、とにかく諸々の理由があって、友達をメインに!という気持ちが伝わってくるのですが、その気遣いが男からするとウザイんです。「頼んでもいないお膳立てはやめてくれ」ってね。こんな楽しい場はみんなノリ良く会話したいものですね。

おわりに 

その他、まったく冗談が通じない女子や自虐が過ぎる女子も男は冷めてしまう傾向があります。正直、だいたいの男も表面上は笑ってその場をやり過ごします。でもその会が終わったあとの反省会で必ず、今回紹介したタイプの女子は、きっとあだ名をつけられ、みんなの話題になっていることでしょう。ちょっとでも当てはまると思ったら気をつけてくださいね。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事