2018.08.09

笑顔にひとさじのスパイスを。相性抜群なコンビネーション技で、とびきりかわいく

どうもあかりです。

「女子は笑顔が一番かわいい」
これは私がさんざいろんなところでわめき散らしてるスローガンですが、もしも私がこれを実践するのなら、ただ笑顔になるだけじゃ、ちょっとつまらないなという気もします。
「笑顔」にプラスアルファできたとき、私たちは本当の意味で、彼にとって唯一無二のかわいさを見せつけられると思うから。

ということで今日はみなさんに、ひとさじ加えるだけで笑顔と相性抜群なスパイスを紹介してみたいと思います。

1.体で表現せよ

笑顔は、言うまでもなく顔の表情。言ってしまえば、「顔だけ」のストーリー。これに、体の動きを付け加えるだけで、私たちの笑顔はもっと魅力的になります。

例えば、彼が面白い話をしたとき、上半身をくねらせて笑ったり、お腹を押さえたり、彼を軽く叩いたりして、体全体に笑顔になる。こうすることで、「あなたと一緒にいて本当に楽しいです」という気持ちを全身全霊で表せます。そして、そういう体全体で表現する大きな笑いは、男子にとってもとても印象深く記憶に残るものです。

ちなみに参考までにお伝えすると、私の知人の人気キャバ嬢の子は、笑うときには「口を手で隠す」(笑いすぎてでかく開いた口の中を見られないようにという感じで)、「一回は笑いすぎて椅子から転げ落ちる」、「笑いすぎて飲み物を少しこぼす」という三原則を駆使しているとのことです。

2.自分で言ってこう

「私って、かわいいんだ」と自分で言ったらおそらくたいていの男子はドン引きでしょうが、笑顔については、自分でいくらでも自己主張していっても間違いありません。

「あなたといると、つい笑顔になっちゃうんだよねー」「〇〇君ほんと面白いよねー」など、「私は、誰といるときでもニコニコしてるわけじゃなくて、あなたといるからこそ、こうなんです」と明示的に伝えていきましょう。

せっかく彼のことが大好きだからいつもより笑顔になっているというのに、「この子は、もともとよく笑う子なのかな」と勘違いされてしまったら悲しいですし。

3.アイコンタクトしていこうぜ

また、笑顔になったときには、とくにアイコンタクトを意識してみましょう。

冒頭でも書いたように、笑顔になっているときの私たちは間違いなく、他のどんな瞬間よりもかわいい。かわいいのです。そんなベストショットの瞬間のときに目を合わせないで、いつアイコンタクトをするというの? 笑顔とアイコンタクトのコンビネーションで、まさに鬼に金棒。女子に切り札。です。

4.あんまり面白くなくてもさ

あとは私は、「あんまり面白くないときこそ、笑う」というのを心がけています。とくに好きな人の前では。

言ってしまえば、楽しいとき、面白いときに笑うというのは当たり前といえば当たり前で、それ自体にあまり付加価値はありませんね。むしろ、普通にしているとき、ただ何もせずに彼とふたりで過ごしているときに、つい笑顔になってしまう、笑ってしまう。これこそが、「好き」ということの証明ですし、あなたの笑顔を特別なものにしてくれる要素だと思うからです。

その意味で、「いつも」(面白いことが別にないときであっても)笑おうよ、というモットーは、大切にしてほしい。

おわりに

「笑顔が多いね」「いつも笑ってるね」「笑顔、かわいい」といったことを今まで一度も好きな人から言われたことがないとしたら、きっとあなたの笑顔は数が足りないか、笑ってはいても、あまり彼にとって印象的に映っていないのでしょう。
一度は、笑顔のことで何かしら褒められるまで、私たちの笑顔道は続いていきます。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事