2012.05.23

カラダから始まった恋を成就させる方法



彼とふたりで飲んでいると、そろそろ終電の時間。
 
「このあと、どうする?」

そんなお決まりのセリフを彼が口にしてからが勝負!

もちろん終電で帰るつもりなんてないし、遠回しにホテルに誘ってくる彼と朝まで一緒にいたいのが本音。
だからといって、「すぐにセックスさせてくれる女」と思われるのだけは嫌!
 
どうせなら、この状況を利用して今以上に彼を夢中にさせちゃいましょう♪

まずは、今夜どうするか?

“終電で帰る or ホテルに行く”
 
おとなしく終電で帰ってもったいぶらせるのもアリですが、場合によっては、次にふたりで会う機会を無くしてしまうことも。
彼の性格を理解したうえで、今以上に自分に夢中になってくれる方を選択しましょう。
今夜は帰らないと決めたのであれば、次の流れを参考にしてみてください。

ギリギリまで答えを濁す

いくら冷静をよそおっていても、彼の頭の中は「今夜セックスできるの?できないの?」でいっぱい。
 とにかく早く答えを聞きたいと思っている彼に対して、ギリギリまで返答は濁し続けましょう。

「そうだね~。終電も近いし、この後どうしようか?…あっ、そう言えばコレ知ってる?」
という感じに、女性特有の話をころころ変える癖を大いに利用するのです。
 
彼からすれば、まさかの話を流されるという展開に焦りが出始めます。
だからといって、何度も「…で、このあとどうする?」とは言い出しにくいもの。
 
まずは、この時点で、主導権を握っているのは自分だという流れを作っておくのです。

どうするかを決めないまま店を出る

彼に焦りが見えてきたところで、「じゃあ、そろそろ行こっか」と店を出ようと切り出します。
次の行動を具体的に決めないまま出ることで、彼に落ち着きを取り戻す時間を与えないようにします。

店を出て最初にコンビニへ立ち寄る

「ちょっと寄っていい?」と、まずはコンビニへと向かいます。

お酒、飲料水、化粧品類などを買うことで、彼に「このあとホテルに行くため?」「ただ、家に帰る前に必要なものを買っているだけ?」と、存分に妄想させてあげましょう。

再び彼から誘うように仕向ける

「それで、このあとどうしよっか?」と、すんなりと彼が誘ってきたのなら、「あなたはどうしたいの?」「今日はチューだけじゃダメ?」など、軽くじらしたり、からかったりしながらも、誘いを受けてあげます。

逆に、なかなか誘ってこなくなった彼には「…終電無くなっちゃたね」と、こちらが誘いやすい雰囲気をつくってあげてみましょう。

ホテルに入ってからもしばらくはお預け状態を保つ

部屋に入って安心しきっている彼に「酔いが冷めてきちゃったから飲み直そう?」と、まずは、お酒を差しだします。
途中、彼が手を出してこようとしても、「ダメ~!」と、冗談まじりにお預け状態を保ち続けるのです。

彼が理性を抑えられるかどうかのところまで、とにかくじらすのがポイント。

ホテルを出て別れるまで気は抜かないでいる

あくまでも、主導権は最後まで自分が握り続けること!

とくに、彼の欲求がピークにまで達したところでセックスしてしまったのなら、その後に気を抜くと、彼の熱も一気に冷めてしまいます。

「仕事の時間だから」「朝から出かけないといけないの」と、自分のタイミングに合わせてホテルを後にするようにしましょう。
「もしかして振り回されている?」と、彼に思わせることができれば完璧です。

何事もなかったかのような態度で振舞う

一般的に言われるのは、女性はセックスをするとその相手のことを好きになり、男性はセックスをすると目的が果たされたため気持ちが冷めてしまう。

 

ということは、セックスをしたあとが1番の勝負どころになるのです。

 

「あれっきりで関係は終わったの?」と彼が不安になるように、あえて自分から連絡をとらない。
彼から連絡がきて「また飲みに行こうよ」と誘われたとしても「そうだね、時間が合えば行こうね」と、軽くあしらうくらいでいる。

 

「確かにセックスはしたけど、たったの1回でしょ?」「だからといって好きになるわけない」これくらいの勢いでいるくらいがちょうど良いかもしれません。

おわりに

セックスしてしまったら男性は冷めるものと思いがちですが、そんなことはありません。
女性の振る舞い次第で、セックスした後の方が男性を夢中にさせることだって充分にできるのです。

女性のペースに男性を巻き込むこと!それが一番のポイントです。

関連記事