2012.05.30

若ハゲ男子に遭遇した時、女子がやっていい事・悪い事とは

あなたの周りに一人はいませんか?「なんだか頭部が寂しい・・・」という男子。
例えば久しぶりにあった高校の友人だったり、合コンで初めて会った人にもいたりします。



まだ20代前半の女子にとっては、ハゲている男性に出会う経験は少ないもの。
間違ったリアクションを取らないように、
「やっていいこと=OK」「やって悪いこと=NG」で分類しています。

髪の毛で年齢を判断する=NG

大学新入生のとき、サークルの歓迎会で、薄毛の男性と会話をすることに。
「どうして一人だけ社会人がいるの?」そう思って、
「OBの方ですか?」なんて聞いてしまった、A子(実話)

男性は気まずそうに「いや、俺、二年生・・・」と答えたそう。
凍りつく空気。A子はびっくりして無言で立ち尽くしてしまったとか。

髪型というのは印象を大きく左右してしまうため、それで思わず年齢を判断しがち。

でも、こういうケースもあるから、顔つき、服装なんかもトータルで見て、
薄毛=30代以上と決め付けないように。

「帽子なんで取らないの?」としつこく聞く=NG

クラスで、授業中もいつも帽子を被っている彼。

服装もオシャレだし、帽子もファッションの一部だって分かるけど、
先生が話している前でもキャップ被ってるなんて・・・。

しかし、そんな男子の行動が気になるからといって、
「帽子取りなさいよ」と注意したり、
飲み会で「飲み比べであたしが勝ったら、帽子取ってね」
などと、追い詰めるようなことはNG!

1回ぐらい「どうして帽子いつも被ってるの?」と聞いてみるのはOKですが、
その際に帽子を押さえて、嫌がっているリアクションであれば、
何か理由があるのでは?と配慮してみましょう。

会話しながら、頭をチラチラ見る=NG

女子の皆さんは、実は若ハゲに嫌悪的ではない子が多いです。

ハゲていることをからかい合うのは、むしろ男性同士ではないでしょうか。

ただ、女子の場合は好奇心から、
「こうやって前髪を後ろに流して、カバーしてるのね」
「横の髪はすごく多いのね」
という風に、スタイリング方法をまじまじと観察してしまいます。

ただ、若ハゲ男子はデリケートな人が多いため、視線に傷ついてしまう人もいます。
ほどほどにしましょう。

自分にもコンプレックスがあると認識=OK

さきほど、「ハゲていることをからかい合うのは、むしろ男性同士」と書きましたが、
女子でも、「何よ、あいつ髪が薄いくせに」などと、相手の若ハゲを非難してしまうことが。
(そういう場合は、その男子の性格や態度が嫌いだから、ということが多いでしょう)

しかし、女子のアナタにも、顔や体で気に入らないところがあるはず。
遺伝で、生まれつき仕方ないことでもありますよね。

お互い、思いやりをもって接していきましょう。

「ハゲる=男性ホルモンが多い=男らしい」を認識=OK

薄毛であることと、男性ホルモンの分泌量との関連性は、研究者によって指摘されています。
(ただし、男性ホルモンが多いと必ず薄毛になる訳ではないそうですが。
つまり髪が多いからといって、男性ホルモンが少ない訳ではないそう)

男性ホルモンが多い男性は闘争心があり、社会的、経済的に成功する可能性が高いんだとか。
好意的に捉えてみましょう。


おわりに;もっと若ハゲ男子には堂々としてもらおう

欧米のサッカー選手や俳優には、薄毛でも引き締まったセクシーな肉体の男性がたくさん♪
日本の若ハゲ男子は、周りの偏見も強くて堂々としにくいのも事実。

でも、男子にはいつでもかっこよく振る舞って欲しいですよね。
その1歩として、女子も、スマートなりアクションを取りたいものですね。

関連記事