コレさえ知っておけば大丈夫!自分の浮気を未然に防ぐ方法【10選】

浮気は恋愛の死活問題。

「そんなつもりはなかったのに…」を防ぐ方法をピックアップしてみました。

その1:安易に男友達とさし飲みしない

さし飲みではこみいった話もしてしまうもの。
話し込んでいるうちにうっかり…なんてことがないように、信頼できる相手と行くのが賢明です。

どうしても…という場合は、ムードのあるバーは避けましょう。

その2:週末や金曜日にセッティングしない

「明日は何もないし…」という気の緩みが一番の大敵です。

翌日の朝はやくに予定を入れ、自分にプレッシャーを与えるのも有効です。
 

その3:ストレスを発散しておく

ストレスは浮気のもと。

ゆっくりとハーブティーを飲んだり、ストレッチをしたり、ヒトカラをしたりして、日ごろからストレスを溜めないようにしましょう。

その4:ダサい下着をつけていく

出かけるときは、色あせたブラジャーや、キャラクターもののパンツ、女性用ボクサーパンツなど、ダサい下着をつけていきます。「今日は絶対に脱げない」体制を整えましょう。

ほかにも、ブラジャーとパンツをお揃いにしない、毛をそっていかない、コンタクトレンズの洗浄液を持っていかない、なども有効です。

その5:カウンター席に座らない

話が盛り上がってくるとついボディータッチも入りがち。

正面に向き合う席に座って、ボディータッチを阻止しましょう。程よい距離は、大切ですよ。

その6:相手にくぎを刺す

出会ってすぐに、さりげなく「今日は●●時には帰る」と伝えておきましょう。引き伸ばされないためにも、「このあと別の用事がある」と伝えると、いいかもしれません。

また、「明日彼とデートだから」など、さりげなく彼氏のことを話題に挙げるのも手。

その7:「相談事」を持ちかけない

相談事をもちかけると、しっとりした雰囲気になりがち。

親身に相談に乗ってくれるうちに…というパターンを避けるために、明るく朗らかに飲むことを心がけましょう。
 

その8:相手の終電の時間も把握しておく

意外と多いのが、自分の終電はまだあっても、相手の終電がないパターン。

たとえば渋谷で飲む場合、相手が東久留米市や千葉に住んでいる場合は要注意です。

(あらかじめ泊まるつもりで)「おれ、終電なくなっちゃったよ」といってくるたちの悪いヤツもいるので、ご注意を。
 

その9:相手や自分の家に行かない

当然ですが、話が盛り上がって「じゃあこれから家で飲む!?」なんてことになるのが一番危険です。

またお互いの家の最寄駅で飲むのもキケンです!
「歩いて帰れるし、楽しいからゆっくり飲んじゃお~」などと、長居をしてしまう原因になります。アルコールがまわって、ムラムラしちゃったら、もう手遅れ!
 

その10:お手洗いにいって気分をしずめる

酔ううちに「たまにはちょっとくらいいいかな…」という気持ちが首をもたげてきたら、すかさずお手洗いに行きましょう。

一度場を離れて、冷静さを取り戻すことが重要です。

おわりに

いかがでしたか?

恋愛の大きな亀裂を生み出してしまう浮気。自分をうまく律して、とりかえしのつかない事態を避けましょう。

(さとみん/ハウコレ)