2012.06.27

整形なしでもこんなに変わる!つけまつげで作る「憧れの目」


つけまつげの付け方や種類を変えるだけでアナタの目の形が変わる!自分の目がどんな形であっても、憧れの素敵eyeになれちゃうテクニックをご紹介します。今回紹介するのは、みんなが大好きなこの3パターン!


◎アーモンドeye

◎ネコ目

◎タレ目

1.アーモンドeye


アーモンドeyeは、その名の通りアーモンドを横に寝かせたような形の大きな目のこと。普段使いはもちろん、萌え系ファッションにもぴったり☆

アーモンドのポイント1


アーモンド型の目をつくるには、平行で長めのアイラインが重要!目じりから真横に5mmほど、スっと伸ばそう。

アーモンドのポイント2

 


つけまつげのタイプ

上:すべての毛が同じ長さで、束っぽくなりすぎないふさふさなもの。

下:細い束が1mm間隔でついているもの。目じり側が長く目頭側が短い。

 

上つけまは自分の目の長さに合わせて目頭側をカットして、フルでつける。目頭側を5mmほど空けてつけるのが正解☆

 

下つけまは4束ごとにカットして、チョンチョンづけ。毛の長いものは目じりにつけて短めのものは目頭側にくるようにつける。

 

2.ネコ目


ネコ目の女の子はちょっと気が強くて小悪魔な魅力たっぷり!キツい印象にならない、適度なハネ感をつけまつげでつくろう。

 

ネコ目のポイント

 

つけまつげのタイプ

上:部分つけま。毛量が多く、長くてストレートなもの。

下:毛の長いストレートタイプ。

 

部分つけまを目じり側にON。少し目じりからはみ出すくらいでOK!

 

下つけまは適当ににカットしたものを3束つける。下まぶたの形に添うのではなく、キワから少しズラしてデカ目に。アイラインは目じりの下に1mmほど伸ばしてから、一気にハネ上げると今どきのネコ目になるよ。

3.タレ目


守ってあげたくなるようなウルウルeyeといえばタレ目!つけまつげでつくるタレ目ならオシャレ感もアガる☆

タレ目のポイント

 

 

つけまつげのタイプ

上:目じりに毛量の多いもの。自まつが多いコは部分つけまでもOK!

下:毛の長いもの。今回はストレートタイプを使ったけど束感のあるものも似合うよ!

 

上つけまをアイラインに沿って装着。

目じり側のつけまが半乾きになったら、指で少し下向きになるように調整しよう!

つけまつげを下向きにさせるとタレ目度アップ☆

 

下つけまは自分の目じりラインから3mmほどさげて、カットした束同士が一つのライン上に並ぶようにつける。目じりで上つけまの先端とくっついて三角コーナーを作るようなイメージで付けよう。


アイラインはタレ目っぽくなるように目じりから2~3mm伸ばすよ。でもタレ目を意識しすぎるとわざとらしくなっちゃうから、あくまでも「タレ気味」に!

 

 

おわりに

 

以上、つけまテクの紹介でした!

いろんなつけまのタイプがあるけど、大事なのは「自分の目の形に合わせてカット、調整する」こと。

つけまつげの形やつけかたで目の印象をチェンジしてみてね♡

 

関連記事