2012.07.19

イケナイ恋にドキドキ!妻子持ちの男性との上手な付き合い方

 

「この人、いいな♪」と思う男子は、なぜかみんな妻子持ち。

 しかも、その人から最近微妙なアプローチがあるし・・・どうしようワタシ??

あなたはそんな経験ありませんか?

そんな妻子持ち男子の魅力と、誘われたときの対処法をご紹介します。


魅力1:心が広い

独身男子と妻子持ち男子との決定的な違いは、心の余裕と言っていいでしょう。すでに守るべき家庭がある男子には、精神的に余裕のある大人の魅力があります。


それゆえ、いつでもにこやかに微笑みかけてくれます。

魅力2:どんな相談にものってくれる

人生経験が豊かなので、あらゆるジャンルの相談にのってくれます。仕事、恋愛、友人関係など、あなたが抱えている悩みは、すでにカレは経験済み。


トラブル発生時にはとても頼りになります。

魅力3:多少のワガママも笑って許してくれる

独身女子のあらゆるリクエストにこころよく応じてくれます。食事、旅行、プレゼント・・・多少無茶でもリクエストOKです。


それもそのはず、家では24時間体制で、奥さんや子どもたちの無茶なリクエストにいつも応えているからです。

 

 

誘われたら…「友達を誘って行く」

食事に誘われたのだけれども既婚者と二人だけではちょっと・・という人にオススメなのがこの方法。

 

カレには下心はなく、純粋に若い女子と話がしたいだけかもしれません。経済的にも余裕のあるカレは、きっと友達の分までご馳走してくれます。

 

万が一のときも、友達がいれば安心できるでしょう。

誘われたら…「2次会以降は気を付ける」

お酒が入って気分がほぐれてくると、気持ち的にも距離が近づいていきます。特にカラオケや並んで座るバーは、物理的な距離も近いため親密度が増すことがあるので要注意です。

 

女性の扱いに慣れている既婚者は、女性に近づくチャンスを見つけるのが上手です。もし、あなたにその気のない時はきっぱりと断りましょう。

それでも気になる時は…「ルールを決める」

少し刺激のある恋愛を楽しみたいときは、少しだけ勇気を出して飛び込んでみてはどうでしょう。

 

ただし、お付き合い始めるときには「3ヶ月間だけ付き合う」「カレシができたら別れる」などと宣言しておきます。不倫の泥沼にはまらないためにも、ルールを決めて始めることが大切です。

おわりに

いかがでしたか。

 

恋愛にはいろいろな形があるものです。一つの形式にとらわれることなく、自由な恋愛を楽しみたいものですね。ただし、くれぐれも自己責任です。

関連記事