女の子が本当に好きなキス・7選


女性は、愛情表現としてのキスをとっても大事にしています。キスされる箇所やシチュエーションにも、こだわりやフェチズムがあるもの。今回は、その中から特に人気が高いものをご紹介します。あなたのお好みはどのキスですか?

1.鼻キス

女性が愛情表現としてのキスを重視するというのは前述の通り。そのため性欲が絡まないキスをされたときにこそ「あー私って愛されてるな~」と感じるのです。

おしゃべりしてるときや、のんびりしているとき、どんなシチュエーションでされても◎。いちばん「大事にされてる感」があるキスかもしれませんね。

2.身長差キス

「好き」という気持ちに身長はあまり関係ないとは言え、身長差のあるキスにはやっぱり憧れてしまうもの。「背伸びとかしてみたい!」のが本音ですよね。彼が高身長ならいいですが、現実はなかなかそうもいきません。

でも、階段を使えば万事解決!「ラブコン」の名シーンを再現しちゃいましょう。地下にあるお店に行った後は最大のチャンス。前で階段を上っている彼にキスをせがめば、憧れの身長差キスができちゃいます。あえて男女逆になってみるのも新鮮でおもしろいかも。

3.メガネキス

キスをもっとも盛り上げる小物、それはメガネです。彼のメガネをはずしてあげるのもイイし、彼が自分のメガネをはずしてキスしてくれるまでの間をたのしむのも◎。

メガネってなんであんなにセクシーなんでしょうか。服装はスーツだったら言うことありませんね。

4.白雪姫キス

「キスで起こされる」という、まさに白雪姫なシチュエーションも、やっぱり憧れ。助手席でついうたた寝してしまったときなどに、やさしいキスで起こされたらキュンとしますね。

言葉以上に愛を伝えることができちゃうのがキスの魅力です。好きな人の前では、くれぐれも口を開けて寝たりしないように気をつけたいところですね。

5.やきもちキス

男性は、嫉妬の感情をあらわすことを「かっこ悪い」と考えがち。でも女性は、嫉妬されることで愛を感じたりします。

だから、ヤキモチは言葉にしないで、キスで表現してくれたら良いんですよね。「高校デビュー」のヨウが主人公にやきもちキスをするシーンがありました。普段クールで感情を表に出さない人がすると威力を増すキスです。情熱的であればあるほどうれしいかも。

6.おでこキス

「何で口じゃないの?」と不満に思いつつも、お姫さま扱いされているようでちょっとうれしくなってしまうのが、おでこへのキス。女として意識されたいけど、女の子として大事にもされたい、というのが女性の本音。

だからたまにこんなキスをされると、ドキッとしちゃうんです。執事とお嬢様、先生と生徒のような、禁断の関係をなんとなく想起させるのも、このキスの魅力の一つかもしれません。

7.ひみつキス

「ふたりだけのひみつ」は、いつまでも女性を惹きつけるもの。ひみつのキスは、どんなキスより特別なんです。友達みんながいるところから、すこし離れた場所でひみつのキス、なんていうのがやっぱり憧れ。

想い合っていてもどうしたらいいかわからないとき、言葉より先にキスで気持ちを伝えるのもアリなのではないでしょうか。

さいごに

お好きなキスはあったでしょうか?好きな人と一緒に読んで、ぜひぜひ実践してみちゃってください♪

(小嶋もも/ハウコレ)


<オススメ記事>
反対に男性目線から、彼をドキッとさせるキスのテクニックはこちら

彼がキスしたいと思っている瞬間を逃しているかも?

キス以外にもぎゅっもして欲しいあなたへ