2010.04.15

感謝の気持ちをあらわす?それとも自分に投資する?社会人になって初めてのお給料☆使い方提案!!

社会人となってからの、初任給。アルバイトのお給料とは違い、頑張ってきた就職活動、内定をもらえた時の喜びなど、会社に勤めるまでの様々な道のりを経て手にするお給料。感慨もひとしおでしょう。
せっかくなので、こんな風に使ってみてはいかがでしょうか?


提案1;家族へ恩返し。

両親はじめ、今まで自分を支えてくれた家族に、ささやかでもお礼をしましょう。
◇たとえば◇
あなたが立派に社会人となれたのも、学校に通わせてくれた両親のおかげ。祖父母や兄弟もあなたの就職を喜んでいます。モノじゃなくても構いません。お食事をご馳走したり、旅行に招待したり。
初めてのお給料を家族のために使って、少しでも今までの恩返しをしましょう。

提案2;社会人アイテムを充実させる。

スーツ、靴、OL通勤服など、社会人アイテムをさらに充実させましょう。
◇たとえば◇
就職活動時にスーツを一着は購入したでしょう。靴もバッグも、一通りはそろっていると思います。しかし、社会人たるもの、これから毎日同じスーツ、同じネクタイというわけにもいきません。日々ローテーションできるよう、さらにいくつか購入しましょう。女性も、通勤用の服に幅をもたせて。もし制服がない職場なら、オフィスカジュアル服を充実させましょう。

提案3;自分磨きをする。

今も充分輝いているあなたですが、これからもっと輝くために、未来の自分に投資しましょう。
◇たとえば◇
自分磨きといっても、エステに行ったり、美容院に行ったりするのではありません。磨くのは、あくまでも内面。
ビジネス書や、マナー辞典を買って勉強するのも自分にプラスになります。社会人として、大人として、基本的な常識くらいは身につけられるようにしましょう。

提案4;会社の人との交流を深める。

配属先の先輩、上司、または同期と、もっとお近づきになるために使いましょう。
◇たとえば◇
一緒にランチやお酒を飲みに行くもよし、スポーツ観戦に行くもよし、仕事帰りにショッピングに行くもよし。
これからもっと社会人ライフを充実させて過ごしやすくするために、せっかく縁あって出会った会社の人たちと、すすんで仲良くなるために使いましょう。

提案5;初心を忘れないようにするためのアイテムを。

お部屋の中のインテリアで、何か一つ、目につくところに置くものを買いましょう。
◇たとえば◇
置時計でも、フォトスタンドでも、ぬいぐるみでも、初任給でなにか部屋に置くものを一つ買って、飾っておきましょう。
これから先の長い社会人人生、いろんなことがあるけど、それを見れば初心を思い出します!

*さいごに*

初めてのお給料。
「働いて、お金をもらう」。
それってすごいことです。素晴らしいことです。
自分が社会のためにがんばって、その報奨としてお金をいただいて、一人前へと一歩近づいたあなた。
学生の時とは違う、いろんなことを今まさに経験しているところでしょう。

 これから大変なこともたくさんあるとは思いますが、まずは初めてのお給料で支えてくれた人たちへ感謝を表し、またこれからの自分の成長のために投資し、輪を広げ、大きく成長していってください。
関連キーワード

関連記事