2012.07.23

照れ屋さん必見!言葉ナシで「キスしたい」と伝える方法



付き合い始めだったり、お互いに照れ屋さんだったりするカップルは、キスのタイミングについて迷ってしまったりしますよね。

恥ずかしくて「ねー!チューして!」と言えない女の子のために、言葉なしで「キスしたい」と伝える方法をお教えします。

方法1、いきなり黙る

「話題がひと段落したこと、ふと黙り込んだので彼女の方を見ると、じっと見つめてきたときはキスしてほしいのかなって思う。そういう時に見せる真剣な表情に照れそうになるけど、かわいいなーと思う。」(26歳/コンサル)

なかよくおしゃべりしていたのに、いきなり黙って彼の顔をじーっと見つめましょう。照れたり笑ったりしないで、真剣に見つめることが大切ですね。
きらきらの目力を使って、キスせざるをえない雰囲気を作り出します。また、静かさ、暗さなどの環境もあらかじめ作っておくといいですよ!

方法2、ふりむかせる

「後ろにいた彼女に急に呼ばれて振り向くと、ぎゅっと目をつぶっていてかわいかった。わざわざ呼びかけてくれたほうが、キスして欲しい気持ちが伝わる。」(28歳/会社員)

突然目の前で目をつぶるより、振り返らせた方がドキッと感がありそうですね。
照れて逃げられたりしないように、腕や服をつかんでおくと◎。
あなたの健気で一所懸命な姿にキュンとして、キスしてくれるはずです。

方法3、のぞきこむ

「ゲームをしている時など、覗き込んで甘えてくるとキスしたくなる。突然顔が近くなると、しやすいんですよね。」(32歳/Webデザイン)

何かと理由をつけて、となりにいる彼の顔を下からのぞきこみましょう。距離がとても近くなるので、キスがしやすくなります。
いちばん難易度が低く、だれにでもできる方法ですね。友達以上恋人未満のような、煮え切らない関係をはっきりさせたいときにも有効!

方法4、くちびるちょんちょん

「鈍感なので、分かりやすい方法で示してほしいと思うときがあります。例えば・・・唇を指すとかね。」(29歳/公務員)

いろいろ試行錯誤しているのに一向に気が付かない鈍感な彼なら、彼と目が合ったときに、自分のくちびるを指でちょんちょんしてみてはどうでしょうか。
いたずらっこっぽい雰囲気が出せるので、彼も「しょうがねーなー」という感じでキスしてくれるはずです。日ごろからぷるぷるリップにしておきましょう!

方法5、後ろからぎゅっ

「自分からキスするのが苦手なので、くっついてきてほしい。ぎゅっとされたら自分も今ならチャンスだ!って気合いを入れられるから。」(21歳/学生)

そんな恥ずかしがりやの彼なら、首の後ろから手をまわして彼を抱きしめ、顔と顔をくっつけるようにして接近しちゃいましょう。
あなたがかわいく甘えれば、奥手な彼でもキスしたくなるはずです。良い匂いの香水などをつけておくと更に◎。

さいごに

照れながらも、キスしてほしいという気持ちを伝える女の子の姿は、彼には、とってもかわいく見えるはず。恥ずかしくて「ちゅーして!」と言えないことを、逆に武器にしていきましょう♪

(小嶋もも/ハウコレ)

<オススメ記事>
普通のキスは飽きちゃった?上級者のキステクニックを紹介

なんだかんだ、素直な女は好かれがち!?

狙いすましたスポットとテクニックのダブル攻めで確実にキスゲット!

関連記事