あなたのメイクをプロ並みに!メイクブラシの使い方

 

あなたはメイクブラシを使い分けていますか?

化粧品付属のブラシやチップでも良いけれど、メイクブラシを使い分けると、

メイクの仕上がりが断然違う!☆

 

まずは【アイシャドウ】に使う、

ブラシ(大)・(中)・(小)・チップを紹介。

 

次に、【アイライン】に使う、

平筆・斜めカット筆を紹介するよ。

ブラシ(大)

 

広く、ふんわりと色がのるのが特徴。

アイシャドウベースをのせるのに最適。

毛が硬すぎないもの(灰リスなど)を選ぶのがおすすめ。

ブラシ(中)

 

アイシャドウパレットの中間色をのせるのに最適。

馬毛のブラシは硬すぎず、でもコシがあるので、しっかり色をのせることが出来るよ。

【アイシャドウ】ブラシ(小)

 

下まぶたや目頭など、細かい部分に色をのせる時に最適。

適度に色がのるので、濃淡を調節しやすいよ。

馬毛のものがおすすめ。

【アイシャドウ】チップ

 

スポンジ素材なのでしっかり色をのせたい時に最適。

目のキワにのせる時に使うことが多い。

 

ぼかしたり、均一にのせたい時にはブラシを、

濃く、ダイレクトに色をのせたい時にはチップを使おう。

【アイライン】平筆

 

 

黒のマットなアイシャドウを平筆に取る。

 

 

 

まぶたを少し上に引っ張りながら、目のキワに平筆を置き、

小刻みに左右に動かして引いていく。

 

 

 

小刻みにすこしずつ引いていくことで、均一で綺麗なアイラインが引けるよ。

 

 

 

その後にリキッドアイライナーを重ねると、アイラインが落ちにくく、

黒色がハッキリと強調される効果があるよ♪

【アイライン】斜めカット筆

 

斜めカットの筆は、目尻の三角ゾーンを埋めるのに最適。

筆が三角ゾーンにフィットして、メイクしやすいよ☆

 

おわりに

 

いかがでしたか?

ブラシは、メイクの仕上がりを左右する重要なもの☆

ブラシ使いをマスターして、プロ並みメイクを目指しちゃおう!

 

 

(ヘアメイク:弾塚凌)

関連キーワード