2012.08.21

だからアナタは誘われない!色っぽい女になるための6つの方法

それなりにおしゃれもしているのに、なぜか「色気がない」。若さだけが売りのピチピチ20代なのに、なぜか「お持ち帰りしてもらえない」。

いったい私のどこがダメなの?!と悩む女子必見!ちょっとしたテクニックで「男の性欲を刺激する方法」をお教えします。


1.万人にモテようとしない

みんなにモテようとしてはダメ!どんな人にもかならず「異性からのモテゾーン」があります。


まずは元カレや告白されたことのある人を思い出してみて。きっといくつか「共通点」がみつかるはずです。クリエイティブな仕事をしている人が多い、理系が多い・・など、特徴をみつけたら、そこがあなたの狙うべきゾーン!

2.武器ナシで攻めない

自分の売りを理解せずに、男の子と飲みに行くなんて無防備すぎます。知的な会話ができるところ・ユーモアがあるところなど、自分のアピールポイントをしっかりとおさえましょう。


元カレに「私のどこを好きで付き合ったの?」と聞いてみるのが手っ取り早いかもしれません。

3.絶えず「ブリっ子」をしない

モテない女にかぎって、あからさまなブリっ子をしているケースが多々あります。それはもう・・おもわず目を覆いたくなるレベル。

 

そんなことでは男性から誘われません。男をドキっとさせたいなら、ふとしたときの笑顔やしぐさを使い分けましょう。

4.モテ服ばかり着ない

色気を出すにはミニスカをはいたり、胸元のあいた服を着ればいい。そんなことではモテません。

自分にあう服や髪型、メイクを研究してみましょう。異性の目を意識したファッションに身を包むよりも、自分に似合うスタイルを確立している女性の方が自信に満ち溢れ、色気があります。

5.下手な男とベッドインしない

いいセックスをしていると、自然と色気が出ます。

カレはきちんとあなたのカラダを愛してくれていますか?愛されるための努力を怠らないのはもちろんですが、センスのある男を選んで抱かれることも大切です。

6.一人のオトコに執着しない

同じ男の子とばかりデートをしていると、次第に「刺激」がなくなってきます。

「異性からみられてドキドキする」という感覚こそが、自分を磨くチャンスなのです。彼氏にべったりという場合には、他の異性ともデートに行ってみるといいかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。
恋は自分を磨くチャンス!いろんな経験を重ねて、今よりももっとイイ女になれるといいですね。

関連記事