2012.08.30

パウダー・ペンシル・眉マスカラ!眉メイク完全版


アイメイクはしっかりメイクするけれど、眉メイクって、結構テキトーに済ませてしまいがち。

だけど、眉って顔の印象を決める大切なパーツなんです!

今回はパウダー・ペンシル・眉マスカラを使った眉メイクを紹介するよ♪

パウダー

 

1.中間色のブラウンをブラシに取り、眉の真ん中から眉尻までのせる。

広範囲にのせるので、太めのブラシがおすすめ。

 

 


2.薄いブラウンをブラシに取り、眉頭にのせる。

 

 


3.濃いブラウンを眉尻から真ん中に向かってのせる。

細かい部分は細目のブラシが使いやすいよ。

 

 

 

パウダーは、全体をふんわりと形作ってくれるよ。

眉の印象を優しく仕上げたい時におすすめ。

 

ペンシル

 

1.全体的な眉のラインをペンシルで軽く描く。

まずは眉山から眉尻まで描き、

次に眉山の下から眉尻まで描いて、眉尻の太さを調節するよ。

 

眉毛の生え方にバラつきがある時は、眉毛の隙間をペンシルで少しずつ書き足すよ。

 

 

 

2.眉山の下から眉尻まで、濃いめのパウダーを重ねる。

ペンシルの後にパウダーをのせると、色がのりやすいよ。

 

 


3.眉尻が描き終わったら、眉頭~眉尻までのラインを描く。

眉山は薄く、眉尻は濃いめにグラデーションを作ると、小顔効果が!☆

 

 

 

ペンシルはシャープなイメージの眉を描く時に最適。

眉尻や、眉毛のない隙間に眉毛を描き足す際にも必須アイテム。

眉マスカラ

 

1.余分な液をティッシュでオフしておく。

 


 

2.眉マスカラを付けていく。

基本的には毛流れに沿って付けるよ。
マスカラ液が付きづらいところは毛流れに逆らって付けよう。

 

液が付きすぎてしまった時は、スクリューブラシで余分な液を取り、

乳液を付けた麺棒で調整しよう。

 

 


 眉山は元々の眉色を染めてくれるので、明るい髪色に合わせて眉メイクする時には欠かせない☆

また、明るい色の眉にすることで、眉の印象を柔らかくし、目ヂカラを際立たせる効果もあるよ!

おわりに

 

いかがでしたか?

眉を綺麗にメイクすることで、グッとメイクの完成度が上がっちゃうよ!

 

 

(ヘアメイク:弾塚凌)

関連記事