2010.04.25

デートにも!人混みを気にしないGW外出計画

 「せっかくのGW、家にいるのはもったいない!」そう考えている人は多いでしょう。
その一方で「せっかくの休み。人混みは避けたい。ゆっくりしたい、のんびり過ごしたい。」と考えている人もいるはずです。
でも、「人混みは嫌だけど、せっかくだから外出したい」と考えている人が
実は一番多いのではないでしょうか。私もそう考える一人です。
 そんな私がおすすめする、GWにできることのひとつは「散歩」です。
やっと暖かくなってきた今、ちょっと外に出て地元をじっくり歩いてみてはどうですか。

地元を知る

「地元を歩いたってつまらない、何もない」と思うかもしれません。
でも、私達は自分の地元を知り尽くしているのでしょうか?そんなことないはずです。
知らない道、知らない公園、知らないお店、あなたの知らない場所はきっとたくさんあります。
地元の現在と過去を知ってみましょう。
また、地元を出て生活している人もいるでしょう。
でも私達にとって地元は一番安心できる場所であり、帰ってくる場所です。
その場所と疎遠になってはいけないし、もっと積極的に知ろうとしてみては?

お金もいらない

 お金がない、お金は貯めてるから使いたくない…これは連休でも外出しない理由の一つです。
特に学生さんに多いのでは。
それなら、お金を使わずに外出すればいいのです。
散歩なら、電車賃も、ガソリン代もかかりません。エコですしね。

準備

 せっかく散歩するならストレスを感じず、のんびりと行きたいものです。
女性もスニーカーででかけましょう。この際財布も持ちません。
手ぶらで気ままにというスタンスが大事です。
ただ、ハンカチタオルくらいはポケットに忍ばせておくと良いかもしれません。
心構えの注意点は、制限時間を設けないこと。
何時まででもいいから、気ままにとことこと歩いてみましょう。

デートにも

 カップルの場合、付き合いが長くなればなるほど「どこ行こうか」に困ります。
あそこも行ったし、ここも行った…そんな時は散歩です。
散歩ならゆっくり話もできるので、近況を話したりして、つまらないなんてことにはならないと思います。
それに、デート代もかかりません。
静かな場所に行けばイイ雰囲気にもなるかも(^^)
「散歩したい気分」なんて言って外に出てみては。
単に家でまったりするより思い出になるかもしれません。

◇家族とも

 親とでも、兄弟とでもいいんです。
ゆっくりと流れるそのひとときは本当に心を穏やかにしてくれるはずです。
新しい発見もたくさんあります。
知らない街を歩いているような感覚さえします。まさに「灯台下暗し」です。

◇憂いの気分に浸る

 高校、大学と地元から離れた学校へ通い始める人も多いはず。
そういう人は、中学以降、地元にいる機会は激減し、
すっかり地元のことに疎くなっているのでは。
例えば、ふと地元を歩いていたら自分が知らないお店ができていたり、
以前あった建物がなくなっていたり。
なんとなく寂しく感じます。
映画「Always三丁目の夕日」を観るように、自分の地元も観てみましょう。

季節も感じる

 せっかくのGWです。
一日でもいいからぶらりと歩きに出てみるのも悪くないと思うんです。
毎日じゃなくてかまいません。
むしろ、たまに歩くことで季節の変化などを感じることができます。

「地元はどんな所?」に答えられるように

この質問にすらすらと話すことができる人は、意外と少ないんじゃないでしょうか。
食べ物の名産品などあると話題にしやすいものですが、
それすらなかなか思い浮かばない人も多いのでは?
単に「うちは田舎なんで」と答えるよりも、
「うちの地元にはすごくきれいな牧場があるんですよ、もう牛とか瞳が可愛くって」
「廃線になった線路があって、ずっとその上を歩いて小学校に通ってたんですよ、
映画のスタンド・バイ・ミーみたいに」
なんて答えられたら、魅力的に聞こえます。
そんなネタも散歩をすることできっと見つかりますよ。(^^)

 地元で過ごしてみるのもきっと悪くありません。
このGW、地元を知るきっかけにしてみてはどうですか。

関連記事