2012.09.03

照れ屋さん必読!飲み会で好きな人に話しかけてもらうためのテク7連発



飲み会は好きな人と急接近できる絶好のチャンス!
そうとわかってはいても、自分から話しかけるのは緊張するしタイミングも難しい。。
相手が目上の人だったりすると、より難易度が上がってしまいますよね。

というわけで、ハウコレ編集部内で、好きな人に話しかけてもらうために実際にやっているテクを披露しあい、効果がありそうなものを厳選しました!

照れ屋さんでも実践できる、「話しかけてもらうための小技」ご紹介します。

髪型を変えてみる

会社や学校でダウンスタイルが多いなら、飲み会ではさりげなくアップヘアに。
普段アップヘアが多いなら、飲み会では髪をおろして片側に寄せるなど、とにかくいつもとは違う髪型にしてみましょう。

「あれ?なんかいつもと違うね」と話しかけてもらえたら、
「○○さんはどんな髪型が好きですか?」と冗談っぽく聞いてみてもいいかもしれません。

お酒をつぐ

彼のコップはとにかくこまめにチェック。
もしも中身が空いていたら、すかさずビール瓶を持って近づきましょう。
よっぽど会話が盛り上がっていない限りは、お酒を注いだときに何かしら言葉をかけてくれるはずです。

そのままちゃっかり隣に座ることができれば◎。

小指にだけマニキュアを塗る

意外に男性に見られているのが、手指。
一本だけ爪がピンク色だったりすると、かなりの高確率で「何で?」と聞かれます。
「恋が叶うおまじないなんです」などと答えれば、その後の会話も盛り上がるかも?

恥ずかしがり屋さんでも簡単に実践できるテクなので、ぜひ試してみてください。

考え事をしてる風に頬杖をつく

大勢での盛りあがりがひと段落し、酔いも回ってきたところで
不意に頬杖をついてすこし物憂げな表情を見せると「何?どうしたの?」と聞いてもらえることが多いです。

「実は…」なんて相談事を始めたら、ほかの人は入れない二人だけの世界。
アンニュイな表情も、作ってみて損はないです。

じーっと見つめる

せっかく物憂げな表情をしたのに気づいてくれないときは、目をじーっと見つめます。
あちらも酔っているのでそこまで深刻には受け止めないはず。
軽い感じで「どした?」と話しかけてきてくれる可能性大です。

酔ったふりをして軽くぶつかる

せっかくの飲み会です、酔いの力を使いましょう。
あくまでも軽く、かわいらしく体当たりしてみてください。
「酔ってる?大丈夫?」と心配してくれたらこっちのものです。
ここは思いっきり心配させて、彼を独占しちゃいましょう。

彼の酔っ払い具合や性格を考え、くれぐれも「めんどくさい」と思われないように注意しましょう。


腕をかるくつかむ

帰り際、さりげなく彼の近くへ。
靴を履くときにかるく腕をつかんでしまいましょう。

うまくいけば、そのまま二人で喋りながら駅まで歩けるかも?
ここはかわいく甘えておきましょう。

アメをなめる

飲み会のあとは、何か口直しをしたくなるもの。
飲み会後の集合時などにさりげなく彼のそばに寄り、アメをなめて甘い香りを漂わせましょう。
青りんご、イチゴなどの果実系のアメなら匂いも良く好印象です。

「一個ちょうだい」と話しかけられたら、そこから会話できるかも。
とにかく帰り際まであきらめちゃだめなんです!

さいごに

実践してみたくなるテク、ありましたか?
ハウコレは、好きな人と話したい!という乙女心を全力で応援しています!

関連記事