美肌メイクの決め手はコレ!フェイスパウダー活用術

 

ベースメイクの仕上がりを左右すると言っても過言ではない、フェイスパウダー。

そんな重要なアイテムであるフェイスパウダーだけど、なんとなく使っている方も多いのでは?☆

そこで今回は、フェイスパウダーを使いこなし、美肌を作る方法を紹介するよ!

ルースパウダーとプレストパウダー

フェイスパウダーには、「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の2種類があります。

2つの特徴、使い方、使い時は以下の通り☆

 

 

【ルースパウダー】
<特徴>サラサラした粉状
<使い方>パフでつける
<使い時>リキッドファンデをFIXする時に使うよ。

 

 


 

【プレストパウダー】
<特徴>カバーが力高く、パウダーファンデに近い
<使い方>ブラシかスポンジでつける
<使い時>マット感を出したい時や、毛穴をしっかり隠したい時、化粧直しの時に使うよ。

ルースパウダーとプレストパウダーを両方使う場合は、ルースパウダーの後プレストパウダーを重ねるよ。

 

 

今回は、この2種類のパウダーを使って、美肌を作っていくよ!
 

【ルースパウダー】目の下のファンデをFIX

 

まずは、一番ヨレやすい目の下からパウダーをのせていくよ。

目の下に使うパウダーの量は10円玉大くらい。

 

 

 

パフに取ったら、しっかりもみこむのがポイント!

もみこむことでパフにまんべんなく粉が付き、ムラなく付けることが出来るよ。

 

 

パフを軽く折って持ち、目の下に置く。

中央から外側へ向かってのせていく。

【ルースパウダー】顔全体のファンデをFIX

 

次に、顔全体にルースパウダーをのせていく。

顔全体に使うパウダーの量はパフ1/3くらい。

先ほどと同じく、しっかりもみこんでおこう。

 

 

 

頬・おでこなどの広い面から顔全体にのせていくよ。
内側から外側へ向かって、均等にのせよう。

【プレストパウダー】ヨレ防止

 

次に、プレストパウダーをブラシに取る。

ポイントは、一気にのせないこと。

ブラシにパウダーを取ったら、ティッシュの上でトントンと軽く粉を払い、

一度に粉が付きすぎないようにすると、綺麗にのせることが出来るよ。

 

 

小鼻などの皮脂が出やすくてヨレやすい部分にのせ、ヨレを防ごう。

【プレストパウダー】毛穴隠し・カバー力

 

毛穴が目立つところや、しっかりカバーしたいところにものせていく。

内側から外側へ向かってのせていこう。

少しずつのせていくと失敗しないよ。

 

パウダーをつけすぎたときは、何もついてない筆で外側へ向かってぼかして対処しよう。

おわりに

 

いかがでしたか?

パウダーをうまく使うことによって、ベースメイクの仕上がりも断然違ってくるよ!

プロ並みのパウダー活用術で、美肌メイクに磨きをかけよう♪

 

 

(ヘアメイク:弾塚凌)