2012.09.17

幸せになれない理由はココにあった!愛する技術を磨く方法

「いつも友達や仕事のことばっかり!もっと私のこと、大切にしてよ」カレに対して、こんな不満を抱くことはありませんか?恋をしていてもあなたが幸せを感じられないのは「愛する技術」が欠けているからなのかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて『ALL ABOUT』を参考に愛する技術を磨く方法をご紹介します。

ありのままの自分を愛する

自分のことを大切に出来ないうちは、恋人を愛する事は難しいでしょう。

 

「愛するとは、自分を甘やかすことではなく、ありのままの自分を受け入れ、自分の成長を願うこと」

 

自分の弱さも受け入れ、好きな所はほめてあげるなど、自己との対話の時間をもつことが愛するためのステップのようです。

孤独を楽しめる女になる

「恋人=寂しさを埋める対象」になっていませんか?

 

夜ひとりで寝るのは寂しいから。週末ひとりだと退屈だから。そんな理由で、大して好きでもない人と交際をするのは相手にも失礼です。愛するとは、精神的に自立をしてはじめてもつことができる技術なのです。

恋人の一番の理解者になる

交際をしていると、意見がぶつかってしまうことがあるでしょう。さまざまな欲望をもった人間がふたり集まれば、そこに衝突が起こるのは当然のことです。

 

大切なのは、衝突してしまったときに自分の無理のない範囲で、相手のよき理解者になろうと努力することなのです。

自分の理想を押し付けない

交際をしていると「相手にこんなふうにあってほしい」という理想をぶつけてしまうこともあるかもしれません。でも、相手の性格を変える事って実はものすごく大変で、お互いにとってストレスフルなこと。

 

それよりも、相手にあわせて自分がどう柔軟になれるかを考えた方が早いのです。

相手を大切にする覚悟を決める

長くつきあっていると、周りの異性に目がいく事もあるでしょう。「ばれなければいいや・・」と出来心で浮気をしてしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

 

しかし気になる人ができるたびに浮気を繰り返していては、キリがありません。周りを見渡せばステキな人はたくさん現れますし、何度繰り返しても欲望は満たされる事はありませんから。だからこそ、「恋人を傷つけるような事は絶対にしない」と覚悟を決める事が大切なのです。

おわりに

いかがでしたか。幸せな恋愛をするためには、求めるのではなく与えることを大切にするのがポイントです。愛する技術をもっと磨いて、お互いに支え合える関係を築いてくださいね!

 

参考リンク:

http://allabout.co.jp/gm/gc/383536/2/

(幸せな恋愛をする愛する技術とは?/ALL ABOUT

関連記事