2012.09.24

【男子のホンネ】コイツとの関係も終わりだなと思う瞬間・6選


男性が「コイツとこの先はないな」と感じる瞬間はどんなときなのでしょうか。男性の本音を取材しました。

1、自分の話しかしない

「自分のことだけをマシンガンのようにしゃべりまくり、俺が話をはじめると興味なさげにケータイをパチパチ・・・。ああ、終わったなと思いました」(22歳・会社員)


時には、男性も話を聞いてほしいことがあるのでしょう。たまには聞き役に徹してみてはどうでしょう。

2、同性の悪口を言う

「仲がいい同級生の悪口をかったるそうに始めるときの表情に、性格の悪さを見たような気がする。性格のいい子だと思っていたけど、一気に冷めました」(23歳・大学院生)


同性の悪口を聞いてくれる相手は異性だから平気だと思っていませんか。安心して、ついつい口をすべらしてしまいそうですが気をつけましょう。

3、浪費癖がある

「カノジョが高価なバッグや財布をローンを組んで買っていることを聞いたときは、絶対コイツとは暮らせないと思いました。堅実な子が現れたら乗り換えます」(26歳・広告)

 

とはいえ、女子がバッグを買うのはなかなかやめられないもの。そんなときは母親からの「プレゼント」とか「お下がり」と言っておくのが無難です。

4、字が汚い

「メールでやり取りすることが多いからなかなか分からないけど、その子が普段どんな字を書いてるかすごく気になる。字が下手すぎると頭悪そうだから。」(28歳・商社)


なるほど。男子はそんなことを考えるのですね。字に自信のない人は、カレに手書き文字は見せないようにしましょう。

5、自宅の水まわりが汚ない

「カノジョの家に初めて遊びに行くときは、それとなくキッチンやトイレをチェックします。ふだんはキレイずきをアピールしていても、本当がどうかすぐ分かります」(25歳・メーカー)


これもびっくり。男子はそんなところをチェックしているのですね。そういえばうちの水まわり・・・なんかクサイ。そう思ったらソッコーピカピカにしましょう。

6、セックスがつまらない

「手抜きをされたり、自分の要求だけをしてくるようになったら終わったなと思う。少しは男子の気持ちも考えてほしい。」(29歳・金融)


女子だけの悩みかと思ったら男性も同じコトを考えているんですね。付き合いが長くなると、我々女性の側もベッドの上で知らず知らずのうちに自己中心的になるのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。いい男を逃がさないためにも、自分の振る舞いには気をつけておきたいものですね。

 

関連記事