2012.10.11

幸せが遠のく!男に嫌われる「恋の駆け引き」とは?


恋に駆け引きは必要、という意見もありますが、やりすぎると自分の足を引っ張りだけになります。今回は、大好きな彼に使ってはいけない「駆け引き」のセリフをご紹介します。

「〇〇君にご飯に誘われちゃった」

相手にヤキモチを妬かせて、自分への気持ちを確かめるなんて「自分に自信のない、醜い女」がすること。駆け引きはすればするほど、結果としてそのワナに自分がハマってしまいます。

 

彼の愛を確かめている時点で、あなたの愛が揺らいでいることに気付きましょう。「愛は求めるもの」では「与えるもの」です。あなたの気持ちがあれば、駆け引きなんて意味のないことなのです。他の男よりも、今目の前にいる彼を愛しましょう。

「私のこと、好き?」

女性は言葉で、男性は行動で愛を表すものだと考えています。そのため、「好きって言ってよ!」とイラつく女性に困った顔を浮かべる男性の構図ができあがるのです。

 

恋愛で幸せになりたいなら、「好き」と言葉にして伝えてもらわないと安心できないという考えを改めましょう。あなたが言葉で愛を確かめようとしている間は、依存的で受け身な恋愛しかできません。

「もっとほめてほしい」

彼に褒めてほしいなら、自分から褒めましょう。デートの時に、彼のいい所を10個みつけて「そういうところすごく頼りになる。ありがとう」「今日の服、とてもよく似合ってるね」と素直に伝えてみて。

 

照れ屋な男性も多いので、すぐに褒め返してくれるとは限りませんが、きっといまよりもラブラブになれるはずです。

「元カノってどんな人だったの?」

過去の恋について話をしても、嫉妬をしたり、元カノと自分を比べて惨めな気持ちになったりするだけではないでしょうか。楽しい気持ちになんてなれないはずです。

 

過去の恋については、「今のカレを作ってくれてありがとう。」と感謝の気持ちで、穏やかに受け入れることが大切です。

「ずっと一緒にいようね」

ラブラブ期絶頂のカップルであれば、相手も重荷に感じないかもしれません。しかし、関係が終わってしまうことへの不安から出てしまう言葉になると、その意味合いは少し変わってきます。

 

あなた自身が「相手と一緒にいること」を決めるのは勝手ですが、愛は強要するものではありません。気持ちを伝えたいのであれば、「ずっとそばにいてあげるね」と優しくいうのが正解です。

「私、こんなに尽くしてるのに」

「こんなにしてあげてるのに」「なんで私ばっかり」こう思ったら今すぐ相手のために何かをするのはやめた方がいいでしょう。

 

恋愛は「ギブアンドテイク」では成立しません。最初から見返りを期待してする行為は、相手に重圧感を与えるだけ。そうやって相手を操ろうとする女は、ただ重いだけ。

おわりに

いかがでしたか。ついつい言ってしまったことのあるセリフもあったのではないでしょうか。目の前にいる彼をまっすぐに愛せたら、きっと今よりも幸せな恋愛が楽しめることでしょう。

 

参考図書:はづき虹映『愛されたいなら使ってはいけない!恋のNGワード88』マガジンハウス

関連記事