2012.10.15

運気が下がっている原因は家にあるかも?やってはいけない風水のNGルール



モノの位置から吉凶禍福を決定する風水。きっと、占い好きの女性なら興味があるのではないでしょうか?気を取り入れることで良い流れを作りだす風水ですが、少し間違えてしまうと、反対に運勢を下げてしまうなんてことになります。

運気をあげようとしたのに、逆に停滞してしまったなんてことにならないためにも、風水を取り入れる前に、まずは、しっかりとした知識を身につけましょう。今回は、風水開運アドバイザー・紫月香帆さんの『やってはいけない風水』を参考に、風水のNGルールをご紹介します。

その1.バスルームやトイレが殺風景である

バスルームやトイレは、恋愛運に繋がる事柄が多い場所です。殺風景にしてしまうと、恋愛運が下がってしまいます。もちろん、こまめな掃除をせずに汚れている場合も同じです。ピンクの小物やローズなどの良い香りを使い、恋愛運と女性らしさをアップさせましょう。

その2.玄関にぬいぐるみを置いている

可愛く女の子らしい部屋にしようと置いてあるぬいぐるみも、置き場所によっては、恋愛運を下げてしまう要因となります。一番のNGは、玄関にぬいぐるみを置くこと。ぬいぐるみは良い気を吸い取ってしまうため、運を呼び込む玄関に置くことはやめるべき。せっかく入ってきた良い気を、すべてぬいぐるみに取られてしまわないようにしましょう。

その3.排水溝に髪の毛が詰まっている

排水溝を覗いたときにありがちなのが、髪の毛などが絡まり、詰まってしまいそうになっていること。水の流れる場所が汚れると金運低下に繋がってしまいます。汚れていることに気が付いたら、すぐに、ハブラシなどを使って掃除をする癖をつけましょう。

その4.仕事関係の物を西に置いている

西は日が沈む方角であるため、そこに仕事関係の物を置くことは、仕事運の停滞に繋がります。また、玄関が殺風景なのもNG。運を呼び込むための入り口が殺風景だと、良い気が寄ってこず、悪い気ばかりが集まってしまいます。

その5.キッチン周りが汚れている

通気に関する場所は、呼吸器系の健康に繋がることが多いのです。キッチンに行くと、換気扇やシンクが汚れているなんてことはありませんか?普段から、こまめに掃除をするように心がけ、常に換気ができるようにしておきましょう。

その6.洗面所でメイクをする

洗面所は汚れを落とすための場所であり、メイクするのに適した場所ではありません。そこでいくら頑張ってメイクをしても、きれいにはなれません。また、使っていなかったり、古くなったりした化粧品は、すぐに捨てましょう。いつまでも残しているのは、健康運や美容運を下げる原因となります。

その7.トイレで電話やメールをする

トイレは不浄の場です。携帯電話を持ち込んで電話やメールをすると、相手と仲が悪くなるなど、対人関係の悪化に繋がります。基本的に、長居は不要です。また、トイレに写真を飾るのも同様にNGです。

その8.南枕にして寝る

風水では、寝ているときに運気が体に入ってくると考えられています。ですので、寝室の風水は特に気を使いたいところでもあります。南枕は、北から入ってきた良い気を足で蹴散らせてしまいます。その結果、空気が読めない人、おもしろくない人になってしまうなんてことも。

終わりに

気の流れを良くして運気をあげる風水。気も人と同じで、いつでも迎え入れられる部屋にしておくことが大切です。そうすることで、良い気があちらから自然に来てくれると思います。まずは、いつも部屋をきれいに保つことから始めてみてはいかがですか?

 

(LISA/ハウコレ)


【参考】

紫月香帆『やってはいけない風水(河出書房新社)』


<オススメ記事>

部屋の入口で全てが決まる!恋愛運アップのポイント・4つ

開運マニアがおすすめする「恋愛にいちばん効く開運法」とは?

すぐにでも金運が上がる4つの方法 

関連キーワード

関連記事