男心はこれで掴め!「守ってあげたい」と思わせる台詞と仕草

女たるもの、男の人に守ってほしいという願望は少なからずあるはず。男の人に「守ってあげたい」と思わせるためには、少しの工夫が必要です。「守ってあげたい」と思わせるための台詞と仕草をご紹介します。

その1、「足痛~い」と言ってしゃがむ

男性はヒールを履かないので、高いヒールを履いている女性の事を尊敬の眼差しで見ています。ヒールを履いていて「足痛~い」としゃがむと、「そうだよね、そんな高いヒール履いてるんだもんね。大変だよね」という気持ちで、守ってあげたい気持ちになります。


しゃがんだあとは男の子の肩を借りて立ち上がり、歩幅を合わせてゆっくり歩いてもらいましょう。

その2、「寒~い」と言って腕を抱える

男の子より寒がりな女の子。寒そうに自分の腕を抱えていると、そっと自分の上着を貸してくれたり大きな手で包み込んであげたくなるのが男の心理。


更に触ってみたら手が氷のように冷たいと、尚守ってあげたい気持ちが強まります。

その3、「眠くなっちゃった」と言って眼の下に指を添える

眠い時の女の子は虚ろ気で可愛く見えます。その表情に加え、人差し指を曲げて眼の下に置けば、男の子の心を掴むこと間違いなし。


思わず一緒に添い寝をしてあげたい!と思わせるのがこの台詞です。

 

その4、「頑張ろう!」と言って上を向く

何か辛いことや嫌な事があった時に、そこから前向きに進んで行こうという姿に「守ってあげたい」と、男の子は思います。

何かをふっきったように前向きに発言してみましょう。

その5、「疲れちゃった」と左斜め下を見る

「疲れちゃった」という台詞はとても意味深に聞こえます。「悪い男に騙されたのかな?」「仕事で嫌な事があったのかな?」「人生に疲れたのかな?」……。


あれこれと想像をめぐらした後に、そして守ってあげたいという気持ちになるのです。

 

その6、「どうしよう」と言って人差し指を顎に当てる

困り顔ブームでもわかるように、「困った顔」はセクシーでいて、「守ってあげたい」と思わせる表情です。


ちょっと眉間にシワを寄せて困り顔をしながら「どうしよう」という台詞と人差し指を付け加えれば、守りたい願望がMAXに出てくるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?


あなたも男の子に「守ってあげたい」と思う台詞と仕草を習得して、甘え上手の愛され女を目指しましょう。