2010.05.07

愛猫とがっつり遊んで自分も運動しちゃう方法☆

犬と違ってネコは、「持ってこい」をなかなかしてくれません。私たちはひたすらネコじゃらしをパタパタ、紙袋をガサガサ…でもこれって、ねこと遊んでいる…というより、ネコがおもちゃで遊んでいる…だけで、飼い主さんはおもちゃを操作するオマケ…。
そこで、道具を使わずに、愛猫ちゃんとがっつり遊べて、私たちも運動しちゃえる遊び、ご紹介します。


かくれんぼ!

訓練されていなくても、愛猫ちゃんは一生懸命、あなたを追いかけてきてくれます。そしてお互いに動きまわるので、愛猫ちゃんも私たちもしっかりメタボ対策ができます。愛猫ちゃんの狩猟本能も満たされ、なにより、愛猫ちゃんと、一緒に、遊べる。これが、ネコ好き冥利につきますよ!!

☆お部屋の準備をする

ネコが入っても安全な場所は、ドアを半開きにしておいてください。最初は範囲が広すぎると飽きられちゃう危険があるので、一階だけでも十分だと思います。筆者宅は1LDKですが、トイレ、台所も駆使して、いっぱい楽しめます。
ネコのいるおうちでは大丈夫かと思いますが、蹴っ飛ばされて倒される・落とされるものは片づけておいたほうが無難です。

☆愛猫ちゃんに気付いてもらう

「かくれんぼしようよ」と誘っても、愛猫ちゃんは何が何だかわかりません。まずは、追いかけっこから始めましょう。愛猫ちゃんにちょっかいを掛けて、相手が逃げたら、軽く追いかけましょう。ちょっと逃げて、こちらの出方をうかがってくるようだったらしめたものです。できるだけすばやく、愛猫ちゃんから見える位置にある、ドアの影や、コタツの影などに隠れてください。

☆移動も隠れるのもしゃがんで!

逃げる時も、隠れている最中も、できるだけしゃがんでください。どたどた歩いても、愛猫ちゃんはのってきてくれません。しゃがんで、つま先歩きでしゃかしゃか逃げる!やってみると、相当に体力を使います。隠れているときも、立っているとすぐ見つかってしまうので、丸まったネコのポーズをしていてあげると、気分も盛り上がりますよ。

☆ここにいるよ、とアピールしてあげましょう

 最初は、影からちょっと顔をのぞかせて、愛猫ちゃんと目があったら直ぐに引っ込みます。しばらく待って、またちょっとのぞかせる。きっとそのころには、愛猫ちゃんはだいぶ近くまで来て、顔がのぞいて目が合った瞬間、身をかがめてピタっと止まるでしょう。そうなればもう楽しんでくれている証拠。またすぐに隠れてあげてください。
よく手で床をシャカシャカするのは、気を引くためにはいいのですが、ネコは「手」というおもちゃと遊ぼうとしてしまうので、おすすめしません。「あなた」と遊ぶことが大事ですし、噛み癖につながるなど、トラブルのもとになることもあります。

☆見つかったら大げさに驚く!

 のぞいた時に、触れるくらいに近づいてきていたり、隠れているところに愛猫ちゃんからネコパンチが来たりしたら、大げさに驚いてあげてください。大声をあげる必要はありません。ちょっと飛びのいて、「見つかっちゃった!」など言いながら、愛猫ちゃんをわしゃわしゃ撫で、また逃げて隠れる!この繰り返しです。

そう、愛猫ちゃんがずっと「鬼」です。
慣れてくると、向こうが隠れてくれることもあります。そうしたら、いる場所がわかっていても、いろんなところを「どこかなー」とのぞきながら、もちろんしゃがんで、探してあげましょう。

最後に。

なんていったってネコです。
ノリノリで遊んでいたかと思うと、急に探しに来てくれなくなったりもします。一生懸命隠れたのになかなか見つけてもらえず、出てみると毛づくろい中…なんてことはザラです。ちょっぴり寂しくなりますが、愛猫ちゃんの気分に合わせて、遊んでくださいね。

でもきっとその前に、あなたが息切れしちゃうと思いますよ。
関連キーワード

関連記事