2012.11.28

自慢はツヤ髪!ロングヘアを大切に扱う方法

夜のケアはスキンケアだけじゃありません。
髪も美しく保たなければ女の価値はぐっと下がって見えるもの。
ロングヘアならなおさら髪の傷みは目立ちます。。。
今回のヘアケア術では、シャンプー前の基本ブラッシングから、アウトバスでのケアまで一連の流れをご紹介します。

ブラッシングの基本

シャンプーの前にはブラッシングするのが当たり前。
今回はブラッシングの方法まで教えちゃいます!

いきなり根元からブラシを通すのはダメ。
髪が長いほど毛先が絡まりやすく、見えないゴミが付着しやすいので
まずは毛先をほどくように丁寧にブラッシングしよう!


毛先がキレイになったら、全体にブラシを通していく。
途中で引っかかる部分があっても無理に引っ張ってはダメ!
引っかかる部分にはブラシをとんとんあてて少しずつほぐしていこう。

シャンプーよりもトリートメントにこだわるべし


美容師さんやモデルさんには、トリートメント剤にこだわりのある人が多いみたい。
普段からキレイに気を配るには、コンディショナーやトリートメントは、ちょっと値段は高いけどサロンのものやブランドものを使ってみよう!

参考:ISMサロンクオリティーヘアケア シャンプー&トリートメント パッショネートピンク ¥1680

ヘアオイルの量

シャンプー、トリートメントの後はヘアオイル。
つけすぎてベタベタするのも髪に悪いので、まずは適量を確認!
手のひらのしわに食い込んでしみ渡るくらいがロングさんにはぴったり☆

オイルのつけ方

オイルは頭皮につけるのではなく、毛先を中心につけるもの。
手のひらになじませてから毛先10cmにまんべんなくのばしていこう。
それでも手のひらにオイルが残ったら髪の中間にものばして、根元へのつけすぎを防ごう!

マッサージ

まず頭頂部の分け目をマッサージ。
指の腹でグイグイ押して、血行を良くして栄養が行きわたりやすい頭皮に!


次に後頭部もマッサージ。
同じく指の腹で耳の周りをぐりぐりしよう。
耳たぶの裏に、押すと痛くなるツボがあるので刺激してね!

完了!

これで夜のロングヘアケアは完了!
毎日の努力が女らしいロングヘアの秘訣です☆

関連記事