2010.05.07

彼に尽くす時代は終わった?!これからは「尽くされ上手」な女になろう

知っていましたか?男の人は尽くされるより、尽くす方が好きなのです。女の子に自分で何かをしてあげて、喜ぶ姿をみて自分の能力を証明したい生き物なのです。恋愛がうまくいかないあなたは、尽くしすぎていませんか?今回は尽くされ上手な女になるテクニックのご紹介です。

◆楽しいと嬉しいの感情表現は大げさに

基本的なポイントは、『嬉しい』という感情と『楽しい』という感情は、大げさなくらいのオーバーリアクションをする事です。ちょっとしたことでも彼が何かしてくれた時は、大げさに喜びましょう。喜んでくれると、男の人は「自分が喜ばせた」という満足感でいっぱいになります。そうするとまた何かしてあげようという気持ちになるのです。

◆褒め上手になる

男の人がなにかしてくれたときに、『●●君、こんなことができるんだすごいね!』と褒めるくせをつけましょう。男の人は褒められると自分の能力が認められたととても喜びます。女の子より普段から褒められ慣れていない男の人に『褒める』はとても有効です。また自分がなにかしてあげて、褒められるということを彼の頭の中に入れておけば自然と次もなにかしてあげようと思えるのです。

◆キャラクター

男の人にウケるキャラクターとしては
①キャリアウーマン系
②甘え上手妹系
③ほんわか天然癒し系
④さっぱりボーイッシュ系
⑤セクシー系
⑥高嶺の花系
⑦お嬢様系
だいたいこの7つのタイプにわけられますが、尽くされ上手なタイプとしては甘え上手な妹系かほんわか天然系になります。

目にとまる女になる

キャラクターがはっきりしている方がモテやすいです。なんのインパクトもない普通の娘では、不特定多数の大勢の中から発見されずらいのです。合コンやパーティーなど集団の中にいるときにまず相手の男の人の目にとまらないと恋ははじまらないのです。相手の印象に自分を残すということを心がけなおかつ尽くされ上手な女になりましょう。

おわりに

尽くされ上手な女のほうが実は付き合いだしても、愛されやすいのです。付き合いだすとついつい相手に尽くしてしまいがちですが、相手に尽くされるというところに努力のポイントをおきましょう。

関連記事