2013.01.08

基本のベースメイク



あなたは、自分のベースメイクに満足していますか?
今回紹介するのは、基本のベースメイク。
いつものベースメイクを見直して、グレードアップしちゃいましょう。

下地を伸ばす



頬・おでこ・あごなどの広い面に、化粧下地を伸ばす。
ゆっくり伸ばしていると、下地が固くなって伸びなくなってしまうので、
人差し指・中指・薬指の3本を使って、素早く均等に伸ばそう。

オレンジのコントロールカラー



オレンジのコントロールカラーを、くすみ・クマ・赤みなどの気になるところにのせる。

余分な油分を取る



何もついていないスポンジで押さえ、余分な油分を取る。
こうすることで、ベースメイクが崩れにくく、綺麗に仕上がるよ。

ファンデーションを放射状にのせる



リキッドファンデーションを筆に取って、顔の中心から放射状にのせていく。
目の下の三角ゾーンにファンデが一番しっかりと付くよ。
三角ゾーンが綺麗に仕上がっていると、ベースメイク全体が綺麗に見えるという効果があるよ!

コンシーラー



コンシーラーは、気になるところに細い筆で付ける。

黄色系のコントロールカラー



コントロールカラーを置いた、目の下・鼻の周り・口角などに黄色系のハイライトをのせる。
こうすることで、後でのせるパウダーが薄塗りに見えるという効果があるよ。

パウダー



パウダーを薄くのせる。
メイクが崩れやすいところには、少し圧をかけながらパフを押さえると効果的☆

シェーディング


シェーディングのポイントは、あごまでシェーディングを入れないこと。
あごまでシェーディングを入れると、逆に輪郭を強調してしまうから注意!
もみあげ辺りまでシェーディングを入れよう。

額の角から、眉尻に向かう三角ゾーンにシェーディングを入れると、小顔効果があるよ。

完成!



肌が綺麗だと、テンションも上がっちゃう♪
基本のベースメイク方法で、あなたも毎日きれいな肌を手に入れて☆


(ヘアメイク:弾塚凌)

関連記事