2013.01.25

ダメ恋にさよなら!デキ女に学ぶ「恋愛術」

デキ女の象徴「キャリアウーマン」。仕事ができる女性は、恋愛上手と聞きます。今回は、生活経済ジャーナリスト・柏木里佳さんの著書『デキる女には「ウラ」がある』を参考に、仕事も恋もうまくこなす女性の恋愛術を学んでいきたいと思います。

「いつもダメンズにひっかかっちゃうんだよね~。男運なくて。」と苦笑いしている女性は、必読です。

1.欲望・野心のない男を選ばない

「僕はサラリーマンだからやりたいことがないけれど、君の夢は叶えてあげるよ。」という男には要注意!一見、頼もしいことを言っているようにみえますが、相手の夢に依存しているだけ。自分の夢を追求しようとしない人は、次第に相手そのものに依存していくようになる。」と柏木さん。

デキる女は自分を高める努力をやめないからこそ、一緒に高めあっていけそうな、覇気のある相手を選ぶのですね。

2.愛は行動で評価する

「貴方をどのように思っているか、大切に思ってくれているかは、その人の行動に表れます。行動は態度とは違います。相手が自分に対しどんな行動をしていたか、思い出しながら箇条書きで具体的に書き出してみると、その違いがすぐに明確になります。」

ベッドの上での愛のささやきに酔いしれるのは、もう終わり。口のうまい男に騙されないように、相手の行動で愛を測るようにしてみましょう。

3.話を最後まで聞く男を選ぶ

「相手が信頼できる、協力的なパートナーであるかどうかを判断する際の、オススメの目印があります。それは、女性がまじめな話をしているときに、最後まできちんと聞いてくれる人かどうかということです。」

彼と真面目なテーマで議論をしてみましょう。途中で逃げ出したり、茶化してきたりするようであれば、良いパートナーとは言えないかもしれません。

4.将来の見えない恋をしない

いい男を見極める力を身につけることも大切ですが、不毛な恋をしないために自分の恋愛スタイルを見直すことも同じぐらい重要です。

「相手がどんなに前向きで素敵な男性であっても、将来の見えない恋愛もあります。そう、不倫です。将来の設計ができない恋人との付き合いは、自分の将来も崩れていきます。今の恋愛の将来について、一度立ち止まって冷静に考えてみましょう。」

いい男を見極める力を身につけることも大切ですが、同じぐらいに不毛な恋をしないために自分の恋愛スタイルを見直すことも重要です。逃げ道を作らず、真剣に将来を考えられる相手を探してみましょう。

5.恋愛を仕事のモチベーションに変える

「いい恋愛をしているからこそ、仕事に対するモチベーションも上がるのです。彼氏との時間をつくるために、まず、仕事の効率が上がります。集中するために、処理能力もどんどん上がるのです。」と柏木さん。

恋をすると他のことが手につかなくなる傾向にある人は、本当にその恋があなたのためになっているのかを考えてみましょう。恋で堕落するのではなく、仕事や勉強へのモチベーションに変えるのが理想ですね。

6.結婚には「需要と供給」を忘れない

年収やステータスなど、相手に条件ばかりを求めて、自分は大した努力もしないようであれば、ただの依存女で終わります。

「大好きな彼がいて、その彼との結婚を考えるのなら、彼にとっての「需要と供給」を考えることが大切。彼が結婚相手に何を求めていて、あなたは彼に何ができるのかを考えてみましょう。」

なるほど。相手に結婚をイメージには、リサーチと自分磨きを怠ってはいけないということですね。

おわりに

いかがでしたか。男選びのポイントや恋愛の仕方について、参考になる点がたくさんありましたね。もう先の見えない、ダメンズとの恋は、終わりにしましょう。

(さとみん/ハウコレ)

参考文献:柏木理佳『デキる女には「ウラ」がある』あさ出版

関連記事