2013.01.31

イケメン大学生が伝授!バレンタイン告白必勝法

「バレンタインに告白する」という一大決心を胸に秘めている女子に朗報です!2012年度ミスターキャンパスの出場者2名(ミスター立教松岡くん、準ミスター慶応の小野くん)に男の子代表として、「バレンタインに告白を成功させる方法」をインタビュー。恋多き2人の実体験をもとに、ありがた~いアドバイスをいただきました。さっそくチェックしていきましょう。

チョコの話題をふってきたら、脈ありサイン

「私からのチョコってうれしいの?」というのが告白を控えた女子のお悩みですよね。だからこそ、男子には「チョコほしいアピール」を積極的にしてほしいもの。そこでお二人にバレンタイン前のアピールの方法について聞いてみました。

(松岡)明るい照れ隠しで「チョコほしいなぁ~」と、ネタっぽく言ってみたりしますけど。基本的には恥ずかしいからできないですね。

(小野)僕も奥手なので、自分からアピールはできません。狙っている子がいるときは、「明日バレンタインだね」とほのめかしたりはしますけど。

男子がバレンタインの話を持ち出してきたら、それがあなたへの精一杯のアピールサイン。シャイな男心を読み取る力も大切ですよ!

料理下手をアピールしておこう

料理の腕が光るバレンタイン。やっぱり料理上手の方が有利なのでしょうか?



(松岡)バレンタインで勝ち組になるためには、「普段から料理上手アピールをしない方がいい」と思いますね。男って、やっぱり「好きな人のために苦手なことにも頑張って取り組んでみた」みたいな、わかりやすいストーリーを好むんですよ。


なるほど~。ぐうたら女子こそ使えちゃう必殺技ですね。普段料理をしない子は、「これ。チョコ!頑張って作ったの!」とか言ってみるといいかもしれません。

デート中のドキドキは、あえて持続させよう

大人になった今でも、バレンタインデートっていつもよりドキドキ感がありますよね。それは、男性側も同じのようです。



(小野)普段のデートで手作りのスイーツってなかなかもらえないじゃないですか。だからこそ、バレンタインデートって、特別なんですよね。「何かもらえるのかな。いつ出してくるんだろう。」と一緒に歩いているときも、彼女の方をちらちらみてしまったりして。(笑)最後の最後まで何も出さずに、帰り際に「これ。はい。」なんて恥ずかしそうに渡されたら、もうメロメロです。

頑張って作った手作りチョコは、早く彼に手渡したくなってしまいそうですが、帰り際まで我慢することで、バレンタインデートでしか味わえない「緊張感」が持続するようです。

2月14日は女子がリードする日と心得よう

恋はやっぱり男子にリードしてほしい!と願う女子も多いかと思いますが、バレンタインだけは話は別!サプライズに胸を躍らせる男子の気持ちを察して、いつもより積極的になるのが正解のようです。

(小野)普段は自分から誘うばかりなので、おとなしめの女の子からキスを迫られたりすると「おお!!」って燃えちゃいますね。

自分からキスなんて・・小悪魔すぎる!でもバレンタインだから許されるのです。大胆にいきましょう。

気持ちは言葉で伝えよう

お二人は今も昔もモテモテかと思うのですが、「こういう告白は嫌だ」と思ったバレンタインのエピソードがあれば教えてください。

(小野)僕があからさまに迷惑がっていたのに、〇年間も本命チョコをくれた女の子がいましたね。元々そんなに好きなタイプではなかったので、毎年一途過ぎて怖かったです(笑)。

(松岡)屋上に呼び出されて、チョコをバッて押し付けられて、何も言わずに走り去られたことがあります。何も言ってくれないとどう受け止めていいのか困りました(笑)。その後も進展なしです。

恋する女子の一途な思いも迷惑になってしまうことがあるんですね。告白の意気込みがちょっぴり萎えてしまいそうですが、告白の前にいったん彼の立場や態度を考えてみようということですね。

おわりに

いかがでしょうか。彼の気持ちを汲み取った上で、自分の思いを伝えることがバレンタインの告白を成功させる秘訣のようですね。告白を控えた女子の皆さん、彼らのアドバイスを参考に勇気を出して頑張りましょう!

(さとみん/ハウコレ)

関連記事