2013.02.23

好感度UP!絶対知っておくべき男子カルチャー


男性は、いつまで経っても子供の気持ちを忘れません。毎週月曜日になれば、少年ジャンプを読んでいる男性が大半です。そこで、少し知っているだけで好感度があがる男子カルチャーをご紹介いたします。

1.ワンピース

あなたが漫画を読み始めたいと思ったなら、ワンピースで決まりです。現在68巻まで発売されていて、とても読む気になれないと思われるかもしれません。

しかし読み出せばあっという間です。とても読みやすいですし、なにより誰かが漫画を貸してくれるはずです。多くのひとと共通の話題ができるし、男性のほうが詳しいです。語りたい裏設定や伏線などがたくさんあります。この作品は鉄板です。

2.仮面ライダー

仮面ライダーには、昭和シリーズと平成シリーズがあります。平成シリーズの主人公を演じてきた俳優は、オダギリジョー、水嶋ヒロ、佐藤健などそうそうたる顔ぶれです。

演じていた俳優の名前を知っているだけでも、話しの入り口になります。また、昭和シリーズのライダーの造形には、目を通しておきましょう。「緑色のトカゲみたいなやついるよね?」「それはアマゾンって言って」と話が膨らみます。

3.スター・ウォーズ

映画全6作品、必ず見ましょう。これぞ映画という作品です。あなたが知らないだけで多くの作品に影響を与えているので、見ておいて損はないです。

フォース、ジェダイ、ダースベイダーなど基本的な語句は覚えておいてください。男性が冗談で使ったときに反応できると、「この子はちゃんとわかっている」と好感を持てます。

4.エヴァンゲリヲン

こちらも若い男性なら誰もが共通して話せる作品です。アニメ版は見るのに時間がかかるので、エヴァンゲリヲン新劇場版という映画のシリーズを見ましょう。

よくわからないという印象を受けるかもしれませんが、男性も全て理解しているひとはいません。謎が謎を呼んでいるのが、魅力的な作品なのです。また、キャラクターの個性にも注目です。

5.ラーメンズ

お笑い好きというからには、通らないといけない芸人、ラーメンズ。自分たちのやりたいことするために、テレビ出演をしないストイックな姿勢で、舞台に立ち続けているコンビ。彼らの舞台は、間違いなく一番チケットが取れない公演です。

ラーメンズまでいきついているお笑い好きいうことで、あなたの好感度はあがります。ただ、のめり込みすぎると引かれてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?みなさんも、男子が好きなカルチャーの世界に足を踏み入れてみてください。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事