2013.02.28

セックスレス解消!恋のロマンスを持続させるコツ



今の時代、3人に1人の若者が「恋人と同棲経験あり」と答えています。

たまに会ってデートをするだけなら、オシャレに手を抜かずにいつも彼の前で女性らしくいることはできますが、一緒に生活をしているとそういうわけにもいかないというのが現実ですよね。

すっぴんだってみられるし、毛の処理が甘い日だってあるし。気が付いたら、もうしばらくエッチをしていない、、なんてことになっていませんか?

そこで今回は、同棲中のセックスレスを解消するためのハウツーをお教えします。彼氏にいつまでも「オンナ」として大切にされたいなら、ベッドの中でも“ちょっとした心遣い”を忘れないでくださいね。

1.男の「したい」にNOと言わない

「男は最低でも週に2,3回はセックスしたいものなんだ。それにできればいちいちお伺いをたてなくて済む女性が望ましいね」というのが男の本音。

射精は、男性の生理現象。定期的に排泄をする必要があるのです。彼があなたに愛情を注いでくれるのであれば、ベッドの上でたっぷり“お返し”をしてあげましょう。

「いやよ、いやよ」と可愛く恥じらいながらも、彼のお誘いをいつでもこころよく受け入れる女は、決して男心を掴んで離さないのです。

2.自分から体位を変えてみよう

流れ作業のように決まりきったセックスをしていると、どんなに相性がいい相手であっても「飽き」が出てきます。最近、彼に尽くされっぱなしだなぁと思ったら、デートの帰り道に彼の耳元でこうささやいてみましょう。

「いつもあなたに頑張ってもらってるから、今日は私がエッチのときに上に乗るね」

男性は、“いつもと違う”ということに新鮮な驚きを感じる生き物なので、きっと帰宅をしたら足早にシャワーを浴びに行ってくれるはずですよ。

3.忙しいことを言い訳にしない

「仕事や遊びで忙しいから。毎日、夜になるとクタクタで、そういう情熱なんて残ってないんだよね」と、自分に言い訳をしていませんか?これは男女ともにいえることですよね。

恋人でも夫婦でも、パートナーを「異性」として扱うことは、役割のひとつです。なぜなら、人は「愛する人に異性として必要とされること」で、自己の承認欲求を満たし、精神的な充足感や自信を得る生き物だからです。

セックスレスとは、まさに男女間において互いの“役割”を放棄する行為。お互いを大切なパートナーとして認めているのであれば、意識的に二人の時間を作るように努力するべきなのです。

4.たまにはリッチな演出を

お金や時間を気にして、ふたりきりでロマンチックなことをしなくなっていませんか?

情熱を持続させるためには、この演出が必要なのです。彼からサプライズを仕掛けてくれないのであれば、あなたから彼を外へ連れ出しましょう。

セックスの前に彼の不満ばかり並べて、ケンカに・・なんてことになったら、永遠にセックスレスから抜け出せなくなるので、無事に彼のアソコにありつけるまでは我慢してね。

5.別々の時間を持とう

「たとえ一緒に生活をしていても、別々の時間をもつことが長続きの秘訣」なのだとか。

彼から“ひとりの時間”を奪ってはいけません。仕事や趣味、男友達との時間が充実しているからこそ、あなたのことを女性として大切にすることができるのです。

6.愛のフィードバックを忘れずに

「男はいつも、自分のガールフレンドに愛されてるってかんじていたいんだ。そういうフィードバックがほしいんだよ」

女が強いと言われる現代だからこそ、ベッドの上では彼に「男らしさ」を体感してもらうことがふたりの間で何よりも大切なことなのです。

普段は気が強いけど、やっぱりベッドの上だと俺の“自慢のアソコ”で荒れ狂っちゃうんだから・・・こいつ、ホントかわいいな。と男性に思わせることができたら、彼のハートと下半身は永遠にあなたのものになります。

ベッドの上で彼を“感じてあげること”こそ、女性から男性への最上級の愛情表現なのです。

おわりに

男のアソコを元気にしたいなら、外でもベッドの中でも新鮮さを忘れてはいけません。愛のあるセックスで心も体もキラキラ美人をめざしましょう!

参考図書:シェリー・アーゴフ『ラブ・ビッチ』コンシャスプレス

(さとみん/ハウコレ)

関連記事