2013.03.04

女子に理解してもらいたい!イマドキ男子の本音・5選



男心ってわからないものですよね。女性が良かれと、思っていることでも男性にはありがた迷惑なことはたくさんあります。今回は、これだけは知ってほしいイマドキ男子の本音をご紹介したいと思います。

1.露出が高い女性は対象外

露出度が高い女性は、ワンナイトラブや見る分にはいいですが、本命にはなりません。男性の気くを引こうと思っているのか、ガードがゆるいのか、品がない女性や軽そうな女性は即刻恋愛対象外です。

良かれと思っていても、逆効果です。スタイルの良さをアピールしたい場合、体のラインが強調されるような服など、違うアプローチを考えましょう。

2.パッツン前髪は似合う人のみ

女性は前髪をパッツンにしがちですが、似合う人は限られています。タレントさんのような顔立ちがしっかりしているひとなら成立しますが、一般の方には難易度の高いヘアスタイル。

コミカルになってしまい、色気も感じません。気になる彼の好みに合わせるのもいいですが、自分に合った髪型を模索した方がいいでしょう。

3.つけまつげはアウト

女性の皆様に大きな声で申し上げたいのですが、つけまつげを好きな男性はいません。不自然に長いつけまつげは印象を悪くします。すっぴんに自信がないのかなと心配になります。

メイクを頑張っていると、素顔から遠くなり、本当の自分を見せていないと思ってしまいます。男性がナチュラルメイクを好きなのは、本当のあなたを見たいと思っているからです。つけまつげは、外していきましょう。

4.食事の会計

食事の会計を、出そうとしないのはアウトです。年齢もそこまで変わらない男性なら、必ず出す姿勢を見せましょう。おごり待ちは、とても印象が悪いです。最初は格好つけて、食事代を全部出しますが、それをずっと続けていくのはしんどいというのが本音です。

「割り勘でも大丈夫だよ」と言える女性は、安心してまた食事に誘えます。次につなげるのが、うまい女性は自分もうまいこと支払いを出せるひとです。「この前は、ごちそうになったから今回は私が出すよ」などと言われたら、好印象間違いなしです。

5.ケンカをして黙る

ケンカをすると黙ってしまう男性は多いです。それは、何を言っても聞いてもらえないとわかっているからです。男性は論理的に説明しようとしますが、女性がそれを聞き入れてくれないことは経験済みです。

なので、「黙っていてもなにもわかんないよ」と怒るあなたに、なにを言っても事は収まらないので、黙り続けようとします。冷静になれる自分のブレーキを身につけましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?男性の本音を理解して、うまく付き合っていきましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事