2013.03.06

非モテ女が使う「かきくけこ」とは?



口は災いの元。そんなつもりはなくとも、うっかり口をついた言葉がカレに嫌われるきっかけになる事もあります。愛されるも嫌われるも、あなた次第。

今回は、ダメ女とモテ女それぞれの「かきくけこ」ワードを挙げてみました。あなたも言っちゃっていませんか?

NG「か=かまってよ」

こんな事を言う女子は子供っぽく見えてしまいます。駄々をこねても、全然可愛くありません。構ってちゃんと甘ん坊は違います。

モテ女は「か=頑張ってる〇〇君が好き」と言います。カレの背中をよりいっそう押す応援の言葉。「頑張ってね」という投げっぱなしの言葉よりそんなあなたが好き、と伝えるようにしましょう。

NG「き=昨日誰といたの?」

正直に「友達」って言っても信じてくれなそうな事情聴取型。詮索しすぎると、カレは無駄なウソをつくようになります。

モテ女は「き=きっとうまくいくよ」と言います。人間関係や仕事の狭間で、時にはカレも弱気になることがあるはず。そんな時には、自分がカレの一番の味方であることを伝えるようにしましょう。

NG「く=クサイ」

グサッ。男のプライドを一気にへし折る一言。これはカレの存在否定に捉えかねません。

モテ女は「く=愚痴ってもいいんだよ」と言います。肩肘張ってるタイプのカレには、特にキュンとくる言葉。どんな人でも本能的に甘えたい欲求は持っています。時には母親のような気持ちでカレに接してあげましょう。

NG「け=結婚したいなぁ」

日頃から刷り込みをするのは止めましょう。カレにはプレッシャー以外の何物でもありません。

モテ女は「け=継続は力なり、だもんね」と言います。誰だって応援されて嫌な気はしません。カレのやる気を鼓舞するような言葉をかけましょう。

NG「こ=子供ほしいなぁ」

ゾゾッ。これぞ恐怖の一言。カレにはカレのタイミングってもんがあるんです。

モテ女は「こんなに素敵な彼がいて、私って幸せ者」と言います。きちんと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。こういう言葉、彼氏冥利に尽きると思います。

おわりに

モテ女というのは、感謝の言葉を伝えることができ、カレが弱っている時こそそっと支える内助の功ができる女子のことです。ちょっと母親のような広い気持ちで接してみるといいのかもしれませんね。でも決して「オカン」にはならないように注意してくださいね!

(井上こん/ハウコレ)

関連記事